会報誌「FRAUD マガジン」

不正対策の専門誌 FRAUD マガジン

ACFE では、1987 年より会員向けに不正リスク対策の専門誌 “Fraud Magazine” を隔月でお届けしています。不正対策の専門家 (公認不正検査士) たちの研究や実務経験に裏打ちされた最新の不正対策情報や、不正対策の分野で活躍する様々な方々へのインタビューなど、興味深い内容が満載です。

ACFE JAPAN では、本部が発行した英語版と主要記事の日本語訳をお届けしておりましたが、2008 年 1 月に会員向け会報誌として日本初の不正対策専門誌「FRAUD マガジン」を創刊しました。“Fraud Magazine”[英語版] の邦訳記事だけでなく、日本における不正対策の情報や、日本で活躍する会員のご紹介、当協会の活動なども取り上げています。研修会や勉強会などでもご利用いただける充実した内容で会員の皆様にお届けしています。

ACFE JAPAN 会員の方は、バック ナンバーをご覧いただけます。

ログインしてから、バック ナンバーをご覧ください。

一般の方も、バックナンバーの記事の一部をご覧いただけます。

事例から学ぶ「有効な不正対策」」をご覧ください。(公開されている記事は、下掲の目次にもリンクを設定しています。ぜひご覧ください。)

FRAUD マガジン 76号 (SEPTEMBER/OCTOBER 2020)(2020/11 発行)
  • 会社のジェット機を太陽近くまで上昇させると
    自己陶酔的な経営幹部の不正行為
    CEO、CFO、COO のような CxO (最高責任者) や取締役のような経営幹部が、リスクを想定できない (しない) 自信過剰な姿勢や、誇大性向・自己顕示欲求・称賛欲求、あるいは、他者との共感の欠如により、企業に深刻な損害を与えることがあります。
    このようなタイプの人物を選考過程で的確に見抜き、後に発生する (であろう) 大きな損害を回避するための方策について検討します。
  • 点滅する危険信号を無視すると?代償の支払
    懐疑心の欠如は組織にとって高くつく
    組織は「気付かなかった」では済まされません。
    兆候や報告などの危険信号を見逃したり認めなかった結果、お金や信用を失った事例を紹介します。
  • サプライチェーン不正は、健在で深刻化している
    新型コロナウィルスは、サプライチェーンについて考え直す機会をもたらしました。
    ある商品が最終消費者の手元に届くまでには、多数の企業・多数の工程を経ています。そのうちたったひとつの工程が妨害されるだけで、商品は供給できなく (されなく) なります。
    サプライチェーンにおける不正リスクを軽減する方法について検討します。
  • 歪んだ正当化
    見落とされがちな不正の構成要素
    不正が実行されるまでの3大要素を表す (伝統的な)「不正のトライアングル」では、「動機」「機会」「正当化」が挙げられています。不正防止策の多くは「機会」の低減を重視していますが、不正の未然防止には「正当化」にも目を向ける必要があります。
    不正実行者 (予備軍) たちの言い逃れの裏にある科学的考察と、それをどう利用すべきかについて、解説します。
  • 不正対策の専門家は、組織文化を評価するのに最も適している
    不正が行われる組織文化にはどのような欠点や機能不全が見られるかを取り上げ、不正の発生を防止する組織文化はどのようなものかを提案します。
FRAUD マガジン 75号
  • 見逃されるファクタリング
    「債権ファクタリング」は非常に不正につながりやすい
    架空の会社と請求書により債権ファクタリングを悪用して資金を得た詐欺事件について解説しています。
  • 「ウィンクとうなずき」はハイテク政府においても賄賂です
    IT 関連の支出は年々増えています。その支出に対して選定や決済の権限を持つ IT 専門家が、自らの利益のために権限を悪用したらどうなるでしょうか。
    連邦政府で行われた 100 万ドルにも及ぶ贈収賄事件をもとに、この種の犯罪を予防する方法を検討します。
  • ベンフォードの法則は今も使える
    ビジネスの場面での不正発見の実践的運用
    自然発生の数値は先頭の数字の出現頻度に差がある、と説明するベンフォードの法則。この法則を使用して保証請求の水増し請求と着服を暴いた事例を紹介します。
  • ダフネのメッセージは生き続ける
    マルタ支配層による汚職等を調査して公表していた、ジャーナリストのダフネ・カルーアナ・ガリジア氏。彼女は、2017 年に自動車爆破テロで殺害されました。政府の汚職と戦い続けたダフネ氏に、ACFE は 2020 年 ガーディアン賞を授与しました。
    ダフネ氏の活動と事件の顛末を振り返り、不正と闘う者のあり方を考えます。
  • 詐欺師はブロックチェーンとデジタル通貨を悪用している
    デジタル通貨・暗号資産のひとつである Bitcoin への注目度・投機熱の高まりは、詐欺師たちに新たな活動の場を与えました。実態のない、または、実現できない仮想通貨を騙り資金を集める手口で、多数の人が多額の被害を受けています。
    そのような被害を受けることのないように、これらの技術と事件について解説します。
FRAUD マガジン 74号
  • コンプライアンス問題?
  • 一歩進んで二歩さがる
  • 煙探知機
  • サイドドアから入る
  • 監査が失敗する理由
  • 米国司法省 (DOJ) が示す共謀の兆候を回避する
  • 不正な「引き出し」と暗号通貨について学び、不正を防止しよう
  • 書評
FRAUD マガジン 73号
  • 視聴者を惑わす
  • 飽くなき調査員
  • ハゲタカ出版
  • DoS/DDoS の攻撃
  • 2019 年の5 大不正スキャンダル
  • ACFE ニュース
  • 北緯一度からご挨拶 − 新理事長、新体制のシンガポール支部 −
  • 第10 回CFE 研究会東西交流会レポート
FRAUD マガジン 72号
  • ACFE JAPAN 理事長対談 第8 回
  • ダークウェブ不正取引の真実
  • 詐欺師はあなたの脳を乗っ取る・・・あなたの合意の下に
  • 不正検査の技法を学ぶ
  • ACFE 財団を通じて不正対策の研究を活性化する
  • 未来の不正対策ツールを賢く使う
  • 寄稿「上海〈私的〉カンファレンス」報告
FRAUD マガジン 71号
  • 公認不正検査士協会 (ACFE) 理事会インタビュー
  • バイオテクノロジーの巨大組織 セラノスの崩壊 防衛策を持たない内部告発者の挑戦 タイラー・シュルツへのインタビュー
  • 不正の後遺症 組織を救う機会を逃すな
  • 多様な不正防止のプロとチームを組む
  • 不正リスク管理プログラムにおけるバイアスの回避
FRAUD マガジン 70号
  • ACFE JAPAN 理事長対談 第7回
  • 不正防止規制のグローバルな潮流の先を行け
  • 漏洩していないことを恐れよ
  • 石油窃盗の闇の世界
  • 無能なリーダーが不正を増加させる
  • 不正は万国共通ー法制度はそうとは限らない
FRAUD マガジン 69号
  • この不正を当然だと思ってはならない
  • あらゆる犠牲を払っての正義
  • 経済制裁が不正を招く?
  • 不正と戦うため、自ら幸運を作り出せ
  • 専門家証人になりたいですか?
  • 真相を見抜く
  • 寄稿「北緯一度からご挨拶 怒涛の2.5日 ACFEシンガポール支部カンファレンス」
FRAUD マガジン 68号
  • ACFE JAPAN 理事長対談 第6回
  • ペーパーカンパニーが隠す不正の発見にデータアナリティクスを活用する
  • 道徳的均衡
  • 市民権は2つ着眼点は1つ リサ・オソフスキーとのインタビュー
  • 1MDB からの教訓
  • 認識できない合成 ID
  • 書評『鼎談 不正-最前線 これまでの不正、これからの不正』
FRAUD マガジン 67号
  • ACFE JAPAN 理事長対談 第5回
  • なぜ監査人は不正を発見しないのか?
  • 不正に巻き込まれやすいのは誰だ?
  • 大勢のジャーナリストが真実のために共に闘う
  • 2018 年の 5 大不正スキャンダル
  • 何が真の動機で人はビジネスで誠実なのか?
  • アレクサンダー・F・ワグナー博士との質疑応答
  • 寄稿 第9回 CFE 研究会東西交流会レポート
FRAUD マガジン 66号
  • 不正の手に汚された契約
  • ディクソンの静かなヒーロー
  • マサチューセッツ州警察が払った犠牲
  • 不正の波及効果
  • ソフトウェアの「ブラックボックス」から脱出する
  • 南アジアがたどる経済成長と不正の増加の二本道
  • 寄稿 北緯一度からご挨拶
  • 特別寄稿 「ハノイ(私的)カンファレンス」報告
FRAUD マガジン 65号
  • ACFE JAPAN 理事長 対談 第4回
  • 信頼に依存してはいけない
  • 同じことをしているから共感できる
  • 誠実性への指針とは?
  • ロボットによる雇用の消失は不正を増加させるか?
  • アメリカン・ドリームの影
FRAUD マガジン 64号
  • ACFE JAPAN 理事長対談 第3回
  • 啓示的ロボット
  • 不正のメタモデル
  • ドーピングの二項対立
  • 何もかもまるごと飲み込む
  • 連邦裁判所に訴えるつもりは?
  • 寄稿 東京不正検査研究会10周年
FRAUD マガジン 63号
  • ACFE JAPAN 理事長対談 第2回
  • 増殖する幽霊ペーパーカンパニー
  • 1MDB の汚職を暴いた孤高のジャーナリスト
  • 内部通報制度は通報者に信頼されていないのでは?
  • 信じなさい......嘘など言わない
  • 「機械学習」がレジの裏で不正と闘う
FRAUD マガジン 62号
  • ACFE JAPAN 新旧理事長に訊く
  • 仮想通貨取引を使った資金調達方法
  • 不正のトライアングルの向上による不正リスク管理の改善
  • 時を刻む時限爆弾?
  • 不正に対してEUを団結させるユーロポール
  • 収益を求めて
FRAUD マガジン 61号
  • ダークネットの住人が法をすり抜けていく
  • ランサムウェアは新たな変異型へと進化を続ける
  • 宣誓供述においては冷静さを保ち続けること
  • 小さな町、巨大な不正、真相に迫るドキュメンタリー映画
  • 否認の分析:虚実の識別
  • 第 8 回 CFE 研究会東西交流会レポート
FRAUD マガジン 60号
  • 命取りとなる、放火と不正の結合
  • 駅馬車ウェルズ・ファーゴはいかに脱輪したか
  • 巨人に立ち向かった医師
  • 不正実行犯による滑らかなオリーブオイルの切り替え
  • 調達不正リスクがもたらす5つのパーソナリティが持つ「顔」
  • 「香港(私的)カンファレンス」報告
FRAUD マガジン 59号
  • 公判審理における不正のトライアングル
  • 不正発生領域における防御策の確立
  • 不正への警察活動
  • 追跡という挑戦
  • 不正と闘うヒーローの団結
  • 第8回 ACFE JAPANカンファレンス
FRAUD マガジン 58号
  • インタビューでの幸運な発見の瞬間
  • 成人弱者に対する金融犯罪を調査する
  • なぜ彼らは実行するのか ホワイトカラー犯罪者の胸中
  • 刑務所からの手紙が165 万ドルの保険不正を語る
  • トップの蒙昧
  • セラノスは科学か、SF小説か?
FRAUD マガジン 57号
  • 産業スパイ、破裂するコンデンサ、そして不正
  • ヘルスケア領域の不正調査の要点
  • 経験を銀行で生かす
  • インタビュー成功の秘訣は事前の準備と現場での適応力
  • 医師の診察を録音する
  • 東芝の不祥事で武士道に責任を負わせる
  • チームワークが証拠を収集し、不正の全容を明らかにする
FRAUD マガジン 55号
FRAUD マガジン 53号
FRAUD マガジン 51号
FRAUD マガジン 50号
FRAUD マガジン 49号
FRAUD マガジン 48号
FRAUD マガジン 47号
  • 2014 年の ID 窃盗苦情件数は 14.7 %上昇 Part 2
  • 禁輸国への迂回輸出の防止 輸出規制・経済制裁違反の回避
  • 外出先における不正との闘い
  • 第 26 回 ACFE グローバル・カンファレンス
    活性化、刺激、そしてインスピレーション
  • ACFE 理事会メンバーインタビュー 135 年間蓄積された経験
  • ACFE JAPAN ウェブサイト連動記事 カンファレンスレポート
FRAUD マガジン 43号
FRAUD マガジン 42号
  • 包括契約における不正(Fraud in umbrella contracts)
  • 不正を検知するために会計発生高を測定する
  • 不測の事態に備えよう
  • 不正との戦いに成功する者
  • 「拡張知能」と「データ視覚化」の統合
  • スマートフォンや公益事業会社の利用者が詐欺の標的にされる
FRAUD マガジン 41号
  • 不正の予知 予測分析を活用した将来の不正防止計画の策定
  • 2013 年に 21% 減少した ID 窃盗苦情件数 Part 2
  • 不正と闘うための 10 の指針
  • この 25 年目に始めること
    第 25 回 ACFE グローバルカンファレンスで未来を見据える
  • 準備と実践 ~詐欺事件裁判における CFE の役割~
  • データマイニングとデジタルフォレンジックの協同
  • データマイニングを使った複雑性を持ったデータへの取組み
FRAUD マガジン 40号
  • 「シェル・ゲーム」
    ダミー会社 (Shell company) の調査と国際的な不正におけるその役割の解明
  • 2013 年に 21% 減少した ID 窃盗苦情件数 Part 1
  • 不正という文化との戦い
  • 大きなリスクにはビッグデータ思考が必要
  • 「不正のトライアングル」が定着するまで
  • なりすましによる不正税還付 第 2 部 (続き)
FRAUD マガジン 39号
  • 暗号化通貨が不正の扉を開く
  • 腐敗をなし崩しにする
  • なりすましによる不正税還付 第 2 部
  • 職場における共謀
  • 金に埋もれた注射針
  • "フリー"パズル、詐欺コレクトコール等に用心
FRAUD マガジン 38号
  • 鍛えられた大志
  • 利益相反 汚職につながる扉
  • ビットコインが創り出すバーチャルな西部開拓時代
  • 情報提供者と内部通報者
  • 数字によって捕まる
  • なりすましによる不正税還付 第 1 部
  • 未来の不正検査士にいかにして倫理教育を施すのか
FRAUD マガジン 37号
  • 快く順守する
  • レールの滑りを良くする支払い
  • 保険金請求を急ぐ
  • ID を取り戻す<個人情報の盗難防止についての分析> スキャン詐欺
  • 税不正の危機
FRAUD マガジン 36号
  • インサイダー取引:人生における賭け
  • 住宅保険金不正
  • 使命を帯びた者
  • 2012 年過去最高の ID 窃盗苦情件数
  • 第二世代が発言する
FRAUD マガジン 35号
  • ACFE 理事会メンバー インタビュー
  • ボスの信頼を裏切った経費精算スキーム
  • 第二世代が自分たちの歴史を創る
  • ACFE 会長とのインタビュー
  • 第 24 回 ACFE カンファレンス
  • ソーシャルメディア ~学生にとって両刃の剣~
  • 第 4 回 ACFE JAPAN カンファレンスレポート
FRAUD マガジン 34号
  • あらゆる可能性を調査せよ
  • "友達"を敵に変える
  • ランサムウェアの被害拡大
  • 家族経営の落とし穴
  • 贈収賄、汚職を防止する 8 箇条
  • オリンパス事件の教訓
  • 不正対策専門職のための報酬ガイド
FRAUD マガジン 33号
  • タイポスクワッティング
  • 倫理観の欠いた銀行家
  • 「金融危機」における彼らの役割 ~責任を問われない外部監査人~ [後編]
  • 財務諸表における虚偽の見積り 紙切れ一枚の価値もない数字
  • 誰に通報する? IRS と SEC の内部告発者報奨金プログラム
  • ガイス、サザランド、ホワイトカラー犯罪の発展
  • プリート・バララ検事
FRAUD マガジン 32号
  • 犯罪者から学ぶ
  • ガイス、サザランド、ホワイトカラー犯罪 [前編]
  • 「金融危機」における彼らの役割 ~責任を問われない外部監査人~ [前編]
  • 不正の処方箋 ヘルスケア不正事例 [後編]
  • ~不正防止の失敗と再建~ とある都市から学ぶ
  • ~親和性の詐欺~ 見せかけの親近感親近感
FRAUD マガジン 31号
  • 医療サービス提供者による 10 の不正スキーム
  • ~資産及び収益の過大計上における危険性(またその他の計略)~
    刑務所送りになった最高財務責任者
  • ~信用された従業員による不正~ 中小企業を不正から守る
  • ~人道支援団体による不正~ 発展途上国における不正調査
  • 通報者より警告者を好む理由
  • ~分析テストを用いた不正調査~ レーザー光線のように狙いを定める
  • 不正の処方箋 医療保険不正事例 [前編]
FRAUD マガジン 30号
  • 「スタートしました!」 競馬の馬券の不正
  • ~会計責任者、馬のブリーダー、横領犯~ 3 つの顔をもつ女(後編)
  • ~デジタル時代における新手法~ 資産の追跡と回収
  • 打撃を受ける軍関係者 急増する個人情報窃盗の相談件数
  • 複雑に絡み合ったスキーム バスタブに群がるたかり達
FRAUD マガジン 29号
  • ~事件の真相~ 鉱業所のキックバック事件
  • ~会計責任者、馬のブリーダー、横領犯~ 3 つの顔をもつ女(前編)
  • ACFE ガーディアン賞受賞者、ダイアナ・ヘンリケス
    「The Wizard of Lies」の著者が悲劇を語る
  • お粗末なAMLプログラムと連邦機関の措置の予期
    大金、買収、その帰結
  • 第 23 回 ACFE 年次総会 ACFE がクラリオン・コールをリニューアル
FRAUD マガジン 28号
  • ~世界の CFE からの報告~ 21世紀式マネーローンダリング(後編)
  • ~米国の役割~ 国際的なマネーローンダリング(後編)
  • ~談合の発見~ 契約、調達における 12 の不正兆候
  • 国際的贈収賄対策法に遵ずる方法 中国でのトラブルを避けるには
  • 不正発見のためのフロード・ブレインストーミング・プランニング
FRAUD マガジン 27号
  • ~根絶からは、ほど遠く~ 21 世紀式マネーローンダリング(前編)
  • ~犠牲者~ 国際的なマネーローンダリング(前編)
  • パメラ・メイヤー氏インタビュー 相手の嘘を見抜く
  • 発言の中に潜むごまかしを見抜く 言葉に耳を傾ける
  • ケーススタディー 橋梁工事をめぐる不正入札とキックバック
FRAUD マガジン 26号
  • 収益の流れから不正を見破る 収益の過大計上
  • 横領調査のケーススタディ 「出来すぎる」アシスタント
  • マイケル・ウッドフォード 「身を賭して真実を追求する」ことの代償
  • テクノロジーを用いた FCPA 対策の向上 「十分な」対応とは?
  • 人事問題がより重大な犯罪を暴くかもしれない
    逸脱行為の発見は不正発見につながるか
FRAUD マガジン 25号
  • 教会における不正 信者が信じたくない事実
  • 仮面を被った成績優秀者たち ボーナス・システムを利用した不正
  • 言葉から読み解く 虚言を見抜く 10 の兆候
  • 大学スポーツチケット不正 刑務所への片道切符
  • データ侵害 Part3 統計分析結果:強固なデータ保護プログラムの欠如
FRAUD マガジン 24号
  • 政府への虚偽申告とインサイダー取引
  • 企業スマートフォンの危険性 脆弱性の理解と安全の確保
  • 内部通報の発掘 隠れた通報を発掘する方法
  • 未婚女性と不可解な投資 小規模企業でも財務諸表不正
  • データ侵害通知法の有効性 第 2 回
FRAUD マガジン 23号
  • 不正のトライアングルを超えて 経済犯罪抑止を強化する
  • 勇気 ~不正検査士の重要な任務~
  • 原点回帰 第 22 回 ACFE 年次総会
  • GRC ツールボックス 不正に立ち向かうための統合的手法の効用
  • 第 2 回 ACFE JAPAN カンファレンス リポート
  • データ違反 第 1 回
FRAUD マガジン 22号
  • 新時代における交流 ソーシャルメディアを有効に活用する
  • 時代に忘れられた(忘れかけられた)男
  • ヒーローのための通報制度 ~利便性と実効性の向上~
  • クラウド(雲)の中における調査
    クラウドコンピューティングは調査プロセスを大改革させる
  • 監査委員会は憂慮すべきである
    監査委員会がインテグリティを維持しながら、不正防止を CFE が支援する方法
  • セミナーレポート 自白を導くための面接調査
FRAUD マガジン 21号
  • 進歩の名のもとに 政府関連契約における人身売買
  • グリーンカード売買 入国管理当局者の収賄事件
  • 労働災害補償保険の不正 不正を突くことはもはや不可能ではない
  • アグレッシブな執行官
    米国司法省刑事局司法次官補ラニー・ブルーアー氏とのインタビュー
  • スケアウェアの不正 すべて偽物で効果なし? Part 2
  • ~第 22 回 米国年次大会を振り返って~
FRAUD マガジン 20号
  • 売上の一部を着服した事例 模範的な店長による現金横領
  • ベンダー不正のリスク軽減 除外者リストシステムの活用
  • 幻の小像 オンライン詐欺師が 30 万ドル以上を騙し取る
  • ACFE 創設者、ジョセフ・T・ウェルズ博士へのインタビュー
  • スケアウェアの不正 すべて偽物で効果なし? Part 1
FRAUD マガジン 19号
  • 知的財産権問題における汚職対策
    CFE は中国での知的財産権侵害に対処する能力を備えている
  • クレジットカードで泣きを見ない
    クレジットカードレビューの徹底でビジネスの損失を阻止する
  • ホワイトカラー犯罪への刑罰は妥当なのか
  • 不正リスク管理の担い手は誰か?
  • 守秘義務と不正 監査人は倫理的判断を行使できるか。
  • 寄稿 ACFE が進める不正対策教育パートナーシップ
    青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科での講義を終えて
  • セミナーレポート 不正調査(実務編)面接調査
    監査・調査のための面接スキルアップ
FRAUD マガジン 18号
  • サイバー・サイコ
    オンライン上のプレデターがインターネットを使って他人の人生を破壊する
  • 企業の救済 CFE が企業を倒産から救う方法
  • 窃盗犯の逮捕に向けて
    不正実行者の捜査には現金裏付け手法 (PROOF-OF-CASH) を適用せよ
  • オーストラリア、ニュージーランドにおける不正
    オーストラリア犯罪学者ラッセル・G・スミス博士とのインタビュー
  • 守るべき約束
    企業の取締役会は信頼回復と不正回避のため、変革を図らなければならない
FRAUD マガジン 17号
  • 世界中から集まった不正検査士たちが第 21 回 ACFE 年次総会で再会を果たす
  • 死亡詐欺 活発化する個人情報窃盗
  • 2010 年 ACFE センチネル賞受賞者エイミー・ストロープへのインタビュー
    センチネルが無実を勝ち取る
  • グリーン・エネルギー不正
  • 告発前には事前準備を 州内部告発法の下での保護
ACFE は、最先端の不正対策の訓練と教育を提供する世界最大の不正対策教育機関です。不正対策の専門家であることを示す国際資格 CFE (Certified Fraud Examiners; 公認不正検査士) を認定しています。
ACFE JAPAN では、ACFE 本部と協力して不正対策に関連する活動・教育などの日本国内への普及・展開を行っています。

 よく寄せられるお問い合わせ (FAQ)



 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

 ACFE JAPAN 会員用