資料ダウンロードライブラリ

ACFE 本部が公開している各種資料を翻訳して公開しています。従業員教育などにご利用ください。

職業上の不正と濫用に関する国民への報告書 (日本語版)


"Report to the Nations on Occupational Fraud and Abuse" (邦訳:職業上の不正と濫用に関する国民への報告書) は、世界で発生している組織内の不正を調査・集計した資料で、隔年で発行しています。 組織内不正の現状把握にご覧ください。

※ 配布等、閲覧以外の用途につきましてはこちらをご確認ください。


2020年 完全版(13MB) - 英語オリジナル版
2018年 完全版(21MB) - 英語オリジナル版
2016年 完全版(11MB) - 英語オリジナル版
2014年 完全版(15MB) 抜粋版(6MB) 英語オリジナル版
2012年 完全版(13MB) 抜粋版(3MB) -
2010年 完全版(9MB)
アジアパシフィック版(4MB)

PDF閲覧について
資料の閲覧には、PDF を閲覧できるソフトウェアが必要です。PDF 閲覧ソフトウェアをお持ちではない方は、Adobe Acrobat Reader (無償) などをご利用ください。

報告書など


不正に対する新型コロナウイルスの影響 ベンチマーク レポート (評価報告書)


2020年6月にACFE が“Fraud in the Wake of COVID-19: Benchmarking Report” を公開し、ACFE JAPANではこの日本語翻訳版をWebサイトに掲載いたしましたが、その後、ACFE は第2回(9月)、第3回(12月)と同レポートを公開しておりますので、これらの日本語翻訳版についても掲載いたします。
当レポートは、新型コロナウイルス (COVID-19) が不正の動向にどのような影響を及ぼしているかについて、不正対策の専門家である会員へのアンケートを集計・分析したものです。コロナ禍がもたらしたニュー ノーマルの時代に、どのような不正が行われていて、どのような課題が生じているのか。不正対策に取り組まれる方の参考・一助となりましたら幸いです。

※ 配布等、閲覧以外の用途につきましてはこちらをご確認ください。

内容 サイズ 閲覧リンク
2020年6月版 レポート 2.9M 閲覧(ダウンロード)
2020年9月版 レポート 9.5M 閲覧(ダウンロード)
2020年12月版 レポート 9.8M 閲覧(ダウンロード)

Fraud Risk Management Guide - Exective Summary 日本語翻訳版 (邦訳:不正リスク管理ガイド 要約)


2016/09/28 にトレッドウェイ委員会支援組織委員会 (COSO) と公認不正検査士協会 (ACFE) の共同プロジェクトが公開した “COSO and ACFE Fraud Risk Management Guide” Executive Summary (エグゼクティブ・サマリー) の日本語翻訳版です。
このエグゼクティブ・サマリーは、強力な不正リスク管理の方針や統制を制定する利点を説明するもので、取締役や上級管理職の方が概要を把握できるように作成されています。(実務担当者には完全版である「決定版 COSO 不正リスク管理ガイド」(2017/10, 日本公認会計士協会出版局) をおすすめします。)

公開日:2016/10/08
PDFサイズ:1.1M

INFOGRAPHIC (図解) など


5 Fraud Tips Every Business Leader Should Act On (経営者・管理職が取り組むべき5つの不正対策)

公開日:2016/12/06

詳細へ

社内不正調査チームを評価する

公開日:2017/08/17

詳細へ

What Leaves Organizations Most Vulnerable to Fraud? (組織を不正に脆弱な状態にするものは何か?)

組織に不正をもたらす要因を図解します。
公開日:2017/10/12

詳細へ

Fraud in Small Businesses (小規模組織における不正の状況)

100人に満たない小規模の組織でも不正は起きます。不正がどの程度発生しているのか、そして、なぜ発生するのかを図解します。
公開日:2016/11/09

詳細へ

The Cost of Complacency (不正対策の不備がもたらす損失)

不正対策の不備がどれほどの被害をもたらすのかを図解します。
公開日:2016/11/11

詳細へ

The Staggering Cost of Fraud (不正による損失額の大きさ)

世界という視点で、不正が与える経済的な影響の大きさを図解しました。
公開日:2016/11/11

詳細へ
掲載データの転用について

公開しているデータは、ACFE JAPAN の公共サービスとして無料で閲覧が可能です。また以下の条件の下で、個人または業務上の利用のために、ダウンロード、複製、配布をすることができます。

  1. 著作権法上で認められた引用の範囲を超えて、一般社団法人 日本公認不正検査士協会( ACFE JAPAN )の許可を得ることなく、当サイト掲載資料の一部を他社に対しても有償で販売、許諾、共有もしくは譲渡しないこと。または有償で販売、許諾、共有もしくは譲渡する予定されている著作物に掲載しないこと。
    上記にかかわらず、入場料を有するスピーチやプレゼンテーションの一部として使用することは認められています。
  2. 当サイト掲載資料の著作権が、ACFE JAPAN に帰属することを出版物の名称と共に適切に表示すること。
    適切な著作権表示の一例:“2020 Report to the Nations. Copyright 2020 by the Association of Certified Fraud Examiners, Inc.”(「2020年度版 職業上の不正と濫用に関する国民への報告書」©2020 一般社団法人日本公認不正検査士協会)