モバイルフォレンジック・スマートフォンフォレンジックの現状と課題

 

■プログラム概要

 
デジタルデータを証拠として使用する「コンピュータフォレンジック」ではパソコンやサーバーの調査が主力でした。しかしながら、昨今では携帯電話・スマートフォンに大量な情報が蓄積されており、携帯・スマートフォンが重要な調査対象(証拠)になってきています。
 
本講演では、講師が実際に担当したフォレンジック調査における最新の手法と課題を具体的に説明します。
また、携帯・スマートフォンからの情報漏洩等を防ぐツールをご紹介しながら、予防法務を説明します。
 
 

■スケジュール予定

 
1. フォレンジック調査の基本等について
2. 携帯電話調査の実例
3. スマートフォン情報漏洩対策の実例
4. 質疑応答
 
 
【講師】春山 洋 氏 AOSテクノロジーズ株式会社 eLaw事業部 取締役事業部長
【略歴】1978年にソード電算機システム(現東芝パソコンシステム)に入社後、パソコンのOEM販売・マーケティングに23年従事したのち、2005年にAOSテクノロジーズに入社。データ復旧サービス事業を推進。その後、デジタル・フォレンジック事業に注力し、2009年e-Discoveryサービス、eLaw.jpを立ち上げに注力する現在、官公庁から民間企業まで、幅広くe-Discoveryサービスのコンサルティングを実践している。
【日時】2012年5月15日(火)15:00~17:00
【場所】田中八重洲ビル2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15 地図 
【受講料】ACFE 会員6,000円、法人チケット1枚、一般10,000円(消費税込)
【CPE】 2単位
 
 
ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへOFFICIAL SUPPORTER ディークエスト グループのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート