会計不正の端緒把握と事実解明 初級

 

■プログラム概要

 
 本セミナーでは,会計不正の発見のための財務諸表の読み方の基礎について解説します。
 
そして,会計不正が財務諸表上の不実の記載である限りにおいては,多くの場合,その兆候が財務諸表上現れてきます。会計不正の兆候がどのように財務諸表に現れてくるのかを実例をもとに解説します。
 
 

■スケジュール予定

 
(1) 財務諸表の見方(50分)
B/S,P/L,C/Fの見方
B/S,P/L,C/Fの関連性
仕訳の仕組み(組み合わせ)
(2) 粉飾の手口とその兆候(50分)
(3) ケーススタディ(50分)
 
初級編:会計不正の手口の解説が中心になります。
手口の内容を説明し、その結果、どのような兆候が財務諸表に表れてくるかを事例を使って説明します。(端緒の把握が中心となります)
 
中級編:初級で行った会計不正の手口の知識があることを前提に、会計不正の発見とはどのようなことかを事例を使って説明します。(端緒の把握と事実解明が中心となります)
 
上級編:初級・中級の知識を前提に、ケーススタディとして数をこなして理解を深めて頂き、実務で使えるようにすることが目的です。
 
 
【講師】公認会計士宇澤事務所 宇澤亜弓氏 公認会計士、公認不正検査士
【講師略歴】
平成 2 年 10 月~監査法人において法定監査・株式公開支援業務等 退職時マネージャー
平成 11 年 4 月~刑事部捜査第二課にて,財務捜査官(警部)として,企業犯罪(特別背任,業務上横領,詐欺等)捜査に従事。 
平成 16 年 11 月~証券取引等監視委員会事務局 特別調査課にて,証券取引特別調査官,主任証券取引特別調査官,開示特別調査統括官として,犯則調査に従事。主に虚偽記載事案の基礎調査(事案の掘り起し)・本格調査に従事し,その他,内部者取引事案,相場操縦事案等の調査に従事。
平成 23 年 3 月~公認会計士宇澤事務所代表
平成23年 2月 公認会計士宇澤事務所を開設 平成23年 7月 最高検察庁金融証券専門委員会参与(現任)
平成24年 3月 大阪市特別参与(大阪市役所第三者調査チーム)
平成24年 6月  一般社団法人日本公認不正検査士 理事就任
【日時】2012年8月23日(木) 14:00~17:00
【場所】田中八重洲ビル2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15 地図
【受講料】ACFE 会員10,000円、法人チケット2枚、一般15,000円(消費税込)
【CPE】3単位
 
 

 

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへOFFICIAL SUPPORTER ディークエスト グループのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート