第5回 ACFE JAPAN カンファレンス 開催概要

第5回ACFE JAPANカンファレンス グローバルビジネスにおける不正リスク
date_location.jpg
申込フォームボタンoff.jpg申込フォームボタンoff.jpg

米国司法省の中枢で、まさにこれらの法の適用・執行を司ってきたラニー・ブルーアー弁護士(FCPAガイドラインの冒頭で、司法省の責任者としてこれにサインをしているのが同弁護士です)に、司法省としてのカルテルやFCPAの摘発・執行に関するスタンスや考え方、米国外企業、特に日本企業の取り組みや対応についての印象や課題等を率直に語ってもらうことにより、グローバルに活躍する日本企業に、経営を左右しかねない意味を持つ課題であることをより強く認識いただけると考えます。

基調講演登壇者 ラニー・ブルーアー(Lanny Breuer)氏  講演者 茅野 みつる 氏 八田 進二 氏 濱田 眞樹人 氏  山口 利昭 氏 結城 大輔 氏(掲載は50音順)

申込フォームボタンoff.jpg申込フォームボタンoff.jpg

メイン・カンファレンスの主なプログラム(予定)

セッション1 13:05~13:50
(仮題)海外で不正摘発が行われた場合の状況と対処方法 
登壇者:山口 利昭 氏(弁護士、山口利昭法律事務所 CFE ACFE JAPAN理事)、H氏(略歴秘匿)
セッション2 13:50~14:20
(仮題)実務解説 FCPAと反トラスト 
登壇者:結城 大輔 氏(日本・ニューヨーク州弁護士、のぞみ総合法律事務所)
基調講演  14:20~15:20
(仮題)米国司法制度の狙いと状況 (同時通訳)
登壇者:ラニー・ブルーアー 氏(弁護士、コビントン・バーリング法律事務所 副会長)
セッション3 15:40~16:10
(仮題)現場主義の法務部 アクセルとブレーキ 
登壇者:茅野 みつる 氏(弁護士、伊藤忠商事株式会社 執行役員)
パネルディスカッション 16:10~17:40
(仮題)海外における子会社不正の防止と発見 
モデレーター:八田 進二 氏(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科教授)
濱田 眞樹人 氏(博士(経営管理学)立教大学 CFE、CIA、米国イリノイ州CPA ACFE JAPAN理事長) 
ラニー・ブルーアー弁護士、結城弁護士、山口理事


※プログラムの内容は予定です。予告なく内容が変わる場合がありますのでご了承ください

   本カンファレンスに関するお問い合わせ先
   〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビル12階
   TEL:03-5296-8338(代) FAX:03-5296-8337 E-mail: info@acfe.jp
   一般社団法人 日本公認不正検査士協会 事務局 若原 まで

ACFE JAPANの沿革

日本公認不正検査士協会は、2005年4月任意の団体として、17名のメンバーでスタートいたしました。
その後、教材や試験のローカライゼーションをすすめ、2007年10月には、個人会員634名、法人会員27社を数え、より充実した組織体制を整え、公益性、公共性を持った組織に移行するために、2007年12月、中間法人日本公認不正検査士協会として法人化しました。さらに、2008年12月には中間法人法の改正により現在の「一般社団法人日本公認不正検査士協会」として、社団法人となっています。

ACFE Japan 組織概要

名称
一般社団法人 日本公認不正検査士協会 (ACFE JAPAN)
開設
2007年12月1日
所在地
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビル12階
電話番号
03-5296-8338
FAX
03-5296-8337
URL
http://www.acfe.jp