トップページへ
カテゴリー事例研究 / リスクマネジメント / 内部統制
コース名再発防止対策の失敗
講師樋口 晴彦 氏
形式ウェブ セミナー (webinar)
受講者像
  • 経営者
  • 管理職
  • 内部監査部門
  • コンプライアンス部門
CPE 3 単位 (不正検査)
講義動画をご覧になり、アンケートに回答してください。
すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
学習時間 CPE 単位数と同程度の時間が想定されます。
例:CPE 3 単位なら 3 時間程度。CPE 規定により前後する場合もあります。
講義資料 あり ( PDF 1 ファイル )
価格 会員 9,900 円 / 一般 16,500
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2021-03-18~
備考

再発防止対策の失敗

講義概要

不祥事の再発防止対策が機能不全に陥る問題について、「日本航空の操縦士飲酒事件」「NHK インサイダー取引事件」「島根原発の点検時期超過事件」「東洋ゴムの免震ゴム性能偽装事件」の 4 事例を素材として解説する。要点は以下の 4 点。

  1. 不適切な再発防止対策を実施すれば、その効果が見込めないだけでなく、逆に新たな不祥事を誘発するリスクがある。
  2. 適切な再発防止対策を立案するためには、まず過去の不祥事の原因メカニズムをしっかり掘り下げて分析することが必要である。
  3. 不祥事の原因それぞれに対応する形で、具体的な対策を立案し、その実施状況もきちんとフォローアップしなければならない。
  4. 再発防止対策を実行する際には、様々な負担や痛みが生じるのは当然であり、それを甘んじて受けとめる覚悟が経営者に求められる。

講義内容

総論

本講義の目的/機能しない不祥事対策①/機能しない不祥事対策②/機能しない不祥事対策③/現場のコンプライアンス疲れ①/現場のコンプライアンス疲れ②/再発防止対策の基本/注意点

事例 1. 日本航空の操縦士飲酒事件

操縦士飲酒事件①/操縦士飲酒事件②/検査の形骸化/事なかれ主義①/事なかれ主義②/運航優先の圧力①/運航優先の圧力②/コスト削減の影響/検査不徹底の背景①/検査不徹底の背景②/笛吹けど踊らず/安全啓発センター/御巣鷹山事故の原因/廃止された対策/残念な話/事件の原因メカニズム①/事件の原因メカニズム②/本事件の教訓

事例 2. NHKインサイダー取引事件

事件の概要/放送の経緯/犯行の態様①/犯行の態様②/報道業務の特異性/アクセス管理の不備/システムの設計思想の欠点/規則の不備・教育の不足/報道部門の優越意識/再発防止対策の偏向①/再発防止対策の偏向②/事件の原因メカニズム①/事件の原因メカニズム②/本事件の教訓

事例 3. 島根原発の点検時期超過事件

点検に関する制度変更/事案の概要/人的資源の不足①/人的資源の不足②/人的資源の不足③/人的資源の不足④/組織文化の過剰性①/組織文化の過剰性②/不適合管理の不備①/不適合管理の不備②/その他の問題点/外部への過剰反応①/外部への過剰反応②/外部への過剰反応③/活かされなかった教訓/事件の原因メカニズム①/事件の原因メカニズム②/本事件の教訓

事例 4. 東洋ゴムの免震ゴム性能偽装事件

東洋ゴム工業/性能偽装事件の続発/免震ゴム事件の概要/不正行為の態様①/不正行為の態様②/対応の遅延/実害の小ささと組織防衛の意識/調査チームの編成の失敗/技術経営力の不足/技術力の不足/社内の縦割り意識/上司と関連部署の圧力/開発技術部の立場の弱さ/担当者の単独・長期配置①/担当者の単独・長期配置②/ダブルチェックの形骸化/傍流事業の特殊性のリスク/1次対策の概要①/1次対策の概要②/緊急品質監査の形骸化①/緊急品質監査の形骸化②/役割不明のコンプライアンス委員会/長期配置対策の未実施/機能不全の理由/2次対策の概要①/2次対策の概要②/2次対策の概要③/2次対策の評価/事件の原因メカニズム①/事件の原因メカニズム②/本事件の教訓

本講義のまとめ/参考文献

講師紹介

樋口 晴彦 (ひぐち はるひこ) 氏

警察庁 人事総合研究官 (警察大学校 警察政策研究センター付)
危機管理システム研究学会 理事、
三菱地所株式会社 及び テレビ東京株式会社のリスク管理・コンプライアンス委員会 社外委員

主な経歴

1961 年、広島県生まれ。1984 年より上級職として警察庁に勤務。愛知県警察本部 警備部長、四国管区警察局 首席監察官等を歴任、外務省 情報調査局、内閣官房 内閣安全保障室に出向。警察大学校 教授として危機管理・リスク管理分野を長年研究。

一般大学で非常勤講師を務めるほか、民間企業の研修会や各種セミナーなどで年間 30 件以上の講演を実施。

主な著書

本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。