トップページへ
カテゴリー内部監査 / リスクマネジメント / 内部統制
コース名従業員不正と経営管理
講師渡辺 樹一 氏
形式ウェブ セミナー (webinar)
受講者像
  • 内部監査部門
  • リスクマネジメント部門
  • 内部統制部門
  • コーポレートガバナンス部門
  • 経営企画部門
  • 人事・総務部門
  • コンプライアンス部門
CPE 3 単位 (不正検査)
講義動画をご覧になり、アンケートに回答してください。
すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
学習時間 CPE 単位数と同程度の時間が想定されます。
例:CPE 3 単位なら 3 時間程度。CPE 規定により前後する場合もあります。
講義資料 あり ( PDF 1 ファイル )
価格 会員 9,900 円 / 一般 16,500
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2021-02-25~
備考

従業員不正と経営管理
~企業価値向上と毀損防止への実効的施策~

講義概要

新型コロナの猛威が世界を覆う中、状況が長期戦になるにつれて、これまで経営の前提となっていた多くの物事が変化し、企業の内部構造について相応の変容を強いられていくことになりそうです。変化する外部環境を踏まえた既存のビジネスモデルの見直しや、経営資源の再配分が必要となっている中、持続的成長と企業価値の向上・毀損防止へ向けた新たな形での組織運営の質の向上が急務となっている企業が増えております。

本講では、直近 7 年間に上場企業によって公開された従業員不正に関する調査報告書 117 事例の分析から、従来にはないアプローチにより、不正の根因や問題の本質を明らかにし、そこから得られる教訓を学び、講師の実務経験を踏まえた、企業としての実効的な施策を経営管理の観点から解説します。施策については、不正防止の観点に止まらず、企業価値向上に向けた、イノベーティブな組織運営のための有効的な具体策を織り込み、企業風土改革や組織の閉鎖性の弊害の克服等の対策にも触れながら、所属される会社・組織にてご活用いただくことを目的とします。

講義内容

第1部 企業不祥事の俯瞰的考察と従業員不正の位置付け、会社資産の不正流用の本質と経営管理の施策

  • コンプライアンス経営の意義と企業が求めるもの
  • 企業不祥事の俯瞰的考察と従業員不正の位置付け
  • 会社資産の不正流用の本質と経営管理の施策
  • 第2部 従業員による不正会計、その他コンプライアンス違反の本質と経営管理の施策

  • 事例概要と発覚の端緒、発見事項と教訓
  • 従業員は何故不正を行ったのか、その思いと背景的な原因
  • 「共同体的一体感」と変わりつつある日本の雇用方式
  • 企業価値向上と毀損防止に向けての経営管理の施策
  • 【トピックス】企業風土の測定(企業風土監査)と健全な企業風土の醸成 
  • 第3部 従業員不正、不正の早期発見と取締役会の施策

  • 従業員不正についての早期発見への施策
  • 取締役会・監査役の機能不全が問われた従業員不正と取締役会の施策
  • 講師紹介

    渡辺 樹一 (わたなべ じゅいち) 氏

    合同会社御園総合アドバイザリー 顧問、一般社団法人GBL研究所 理事
    米国公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士

    主な経歴

    1979 年、一橋大学 法学部 卒業。伊藤忠商事株式会社、その他企業を経て、現在は、合同会社御園総合アドバイザリー 顧問、一般社団法人GBL研究所 理事、株式会社ジャパン・ビジネス・アシュアランス シニアアドバイザー、早稲田大学 非常勤講師。株式会社ジャムコ 社外取締役、株式会社ラック 社外取締役なども務める。

    企業不祥事の研究を基礎とした、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメント、内部統制に関する講演、執筆、役員・幹部社員研修等多数。日本取締役協会 会員、会社役員育成機構 会員、実践コーポレートガバナンス研究会 会員、国際取引法学会 会員。

    主な著書
    主な執筆
    主な講演

    本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。