トップページへ
カテゴリー職業倫理
コース名職業的専門家の倫理について
講師伍井 和夫 氏
形式ウェブ セミナー (webinar)
受講者像
  • 内部監査担当者
  • 不正調査担当者
CPE 3 単位 (不正検査+倫理1)
最大 1 単位を「倫理」として使用できます
講義動画をご覧になり、アンケートに回答してください。
すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
学習時間 CPE 単位数と同程度の時間が想定されます。
例:CPE 3 単位なら 3 時間程度。CPE 規定により前後する場合もあります。
講義資料 あり ( PDF 1 ファイル )
価格 会員 9,900 円 / 一般 16,500
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2020/11/26~
備考

職業的専門家の倫理について

講義概要

企業不正が発覚する度に、それに関与した職業的専門家たちの倫理観が問われる。一方、職業的専門家といえども収入は生活の糧であり、倫理規程を遵守した結果、一時的であっても失業すれば生活を脅かされる恐れがある。また、職業的専門家の社会的地位は、日本と欧州大陸では歴史的にも文化的にも異なる。

本セミナーでは、先ず、ドイツ・フランス等の欧州大陸における職業的専門家の発展の歴史を概観し、第Ⅰ部では、宗教的規範の代替としての倫理学の役割をご紹介する。第Ⅱ部では、ドイツの建築家制度を事例として、欧州大陸における職業団体の役割をご紹介する。第Ⅲ部では少し視点を変えて、心理学の観点から職業的専門家の客観性に対する心理的な脅威についてご紹介する。最後の第Ⅳ部では、本セミナーで先にご紹介した知見に基づき、不正検査士の倫理、規範、基準のポイントを解説する。

講義内容

第Ⅰ部 伝統的な職業的専門家の形成

  1. 伝統的な職業的専門家の形成
  2. 職業的専門家の形成
  3. 産業革命以降に発展した職業的専門家
  4. 職業的専門家の構成要素
  5. 高等教育機関の役割

第Ⅱ部 事例研究:ドイツの建築家制度

  1. 建築家制度の国際比較
  2. ドイツの建築家制度の特徴
  3. 職業的専門家への信頼感

第Ⅲ部 客観性に対する心理的な脅威

  1. 客観性とは
  2. 主要な心理的脅威
  3. 心理的な脅威を知ることの意義 (その 1)
  4. 心理的な脅威を知ることの意義 (その 2)

第Ⅳ部 不正検査士の倫理、規範、基準のポイント解説

  1. 不正検査士の倫理
  2. 職業倫理規範
  3. 公認不正検査士 (CFE) 職業基準

講師紹介

伍井 和夫 (ごい かずお) 氏

帝京大学 大学院経済学研究科・経済学部経営学科 教授
博士 (経営学)(横浜国立大学)、公認不正検査士、公認内部監査人

主な経歴

1977 年に株式会社三和銀行 (現:株式会社三菱UFJ銀行) 入行。西ドイツ (当時) のマンハイム大学 経営学部への 2 年間の留学を含めてドイツで 11 年余勤務する。2001 年よりUFJホールディングス株式会社 内部監査部 企画担当調査役。2004 年より東洋電機製造株式会社 内部監査部門長。2013 年より現職。

本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。