トップページへ
カテゴリー不正対策
コース名現場管理者・本部担当者のための実践ガイド
講師玉上 信明 氏
形式ウェブ セミナー (webinar)
受講者像
  • 不正調査担当者
  • 不正対策に取り組む方
  • 管理職・監督職
  • 管理部門の方
CPE 2 単位 (不正検査)
講義動画をご覧になり、アンケートに回答してください。
すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
学習時間 CPE 単位数と同程度の時間が想定されます。
例:CPE 3 単位なら 3 時間程度。CPE 規定により前後する場合もあります。
講義資料 あり ( PDF 2 ファイル )
価格 会員 6,600 円 / 一般 8,800
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2018-02-06~
備考

不正・不祥事は他人ごとではない
現場管理者・本部担当者のための実践ガイド~

講義概要

不祥事や不正が発生・発覚すると、混乱の中、迅速な意思決定と行動が求められます。しかし、いざそのときになってはじめて、準備や対策の不足や、手順の不備が明らかになることも少なくなく、そのような状況で行われた不適切、あるいは、不誠実な対応が、さらなる深刻な被害をもたすこともあります。

このコースでは、現場ですぐ役立つ、具体的・実践的な不正対策の技術を身につけることを目的とします。

また、不正対策の取り組みが、人事・労務・業務の管理面の改善の起点となり、組織風土の涵養にも貴重なヒントを提供することを狙います。

不正検査や不正調査に携わる方だけでなく、管理職、監督職、管理部門の実務者・担当者にもおすすめです。

補足

このコースでは、講義資料とは別に、社内教育などで使用できるスライド資料 (講義資料と同内容) も PDF 形式で提供されます。次の事項にご注意・ご留意のうえ、ご利用ください。

講義内容

基礎編 (ケースで学ぶ勘所)

応用編

第1章 不正・問題行動の調査
  1. 会社における調査の基本的な意味合い
  2. 問題行動発覚時の基本的な視点
  3. 調査開始前の準備と心構え
  4. 面接調査
  5. 客観証拠 (物証)
  6. 類似事案・関連事案の調査
  7. 推論の進め方
  8. 報告書の作成
第2章 再発防止のためのヒント
  1. 基本的な視点
  2. 事務管理の三原則による検討
  3. 抑止策の要諦は、事の重大さの周知
  4. 現場の声の取り上げ方
  5. 会社を根本から腐らせる「落とし穴」の一例
    「目標至上主義」「ノーミス運動」「ミス・トラブルの抱え込み」「ハラスメント」「ヤミ残業」
  6. 【もう一言:受講者の皆様への問いかけ】
  7. 【経営者のための「さらに一言」】
  8. 【参考事例】
  9. 【参考教材】(含む不正検査士マニュアル)
  10. 【参考:社内研修のための活用ガイド】
  11. 【効果測定・確認テスト】

講師紹介

  • 講師の情報・写真は、2018/2 時点のものです。

玉上 信明 (たまがみ のぶあき) 氏

社会保険労務士、健康経営アドバイザー

主な経歴

1974 年、住友信託銀行株式会社 (現:三井住友信託銀行株式会社) 入社。年金信託、法務・コンプライアンス (特に研修関係) に従事し、2015 年に定年退職。

主な著書

本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。