トップページへ
カテゴリー倫理
コース名不正検査士の倫理的問題
講師ACFE (本部) 教材
形式動画:英語のみ テキスト:日本語のみ
受講者像
  • 不正検査担当者
  • 不正調査担当者
CPE 2 単位 (倫理)
単位ごとに「倫理」「不正検査」いずれかとして使用できます
講義資料を学習して、最終試験を受験してください。
すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
学習時間 CPE 単位数と同程度の時間が想定されます。
例:CPE 3 単位なら 3 時間程度。CPE 規定により前後する場合もあります。
講義資料 あり ( PDF 1 ファイル )
価格 会員 6,600 円 / 一般 8,800
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2017-07-20~
備考
  • このコースは、旧 ACFE JAPAN ウェブ ラーニングから移植したものです。
    内容に変更はございませんので、ご受講済の方はご注意ください。

不正検査士の倫理的問題
~Ethical Issues for Fraud Examiners~

コース概要

不正検査の担当者は、自分の職務を遂行する過程において、慎重な考慮を必要とする倫理的な問題にしばしば直面します。

証人や参考人 (潜在的な容疑者) との面接調査や、証拠の収集、発見事項の証言、記録の調査、監視の実施、調査報告書の作成、その他の不正検査の業務を行う際に、このような問題に遭遇しますが、倫理的な問題は簡単には片付けられません。

このコースでは、絶対と言える正解がない複雑な倫理的問題について、どのように対処すべきかを考察します。

このコースから得られるもの

学習内容 (要約)

本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。