トップページへ
カテゴリーe-fraud / 不正調査 / 内部統制 / 会計不正 / 不正防止 / 不祥事対応
コース名不正対策eラーニング e-fraud 「不正調査」
講師ACFE JAPAN 制作教材
形式ウェブ セミナー (webinar)
受講者像
  • 経営者
  • 管理職
  • 内部監査部門
  • コンプライアンス部門
  • 管理部門の方
  • 不正対策に取り組む方
CPE 3 単位 (不正検査)
講義動画をご覧になり、すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
学習時間 CPE 単位数と同程度の時間が想定されます。
例:CPE 3 単位なら 3 時間程度。CPE 規定により前後する場合もあります。
講義資料 あり ( PDF 1 ファイル )
価格 会員 10,241 円 / 一般 14,630
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2021-04-05~
備考

不正対策eラーニング e-fraud 「不正調査」

講義概要

e-fraud は、ACFE (公認不正検査士協会) が定める公認不正検査士の資格取得に必要な知識領域を基に、日本トップクラスの専門家が監修して制作された、不正対策に取り組む方のための総合的な学習コースです。
「会計」「法律」「不正調査」「不正防止」の全4コースで構成されており、経営陣や、管理職、現場の担当者まで、幅広い方が不正対策を効率よく学習できます。
この「不正調査」コースでは、不正調査の計画立案から、調査手法、報告書の作成までを体系立てて学びます。不正調査で正確な事実を把握することは、不正の根本原因の究明、リスクの低減と的確な再発防止策を講じることに繋がります。調査手法、チーム編成、ヒアリング・証拠書類の収集、データ分析から報告書作成まで、不正調査の実践的なノウハウを解説します。

講義内容

詳細目次はこちら

「不正調査」コース

不正調査で正確な事実を把握することは、不正の根本原因の究明、リスクの低減と的確な再発防止策を講じることに繋がります。調査手法、チーム編成、ヒアリング・証拠書類の収集、データ分析から報告書作成まで、不正調査の実践的なノウハウを解説します。


第1章 不正調査の目的
第2章 不正調査に関する規範
第3章 不正調査の対象事実(調査スコープ)
第4章 調査体制と調査環境
第5章 不正調査の計画立案
第6章 客観的証拠の保全・収集・検証
第7章 関係者ヒアリング
第8章 役職員アンケートと専用ヘルプライン
第9章 不正調査と調査報告書の作成
第10章 不正調査後の対応
第11章 その他の留意点


監 修:山口 利昭 氏
編 集:竹内 朗 氏
執 筆:岩渕 恵理 氏、大野 徹也 氏、田中 伸英 氏、松葉 優子 氏、渡邉 宙志 氏(五十音順)

本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。