組織の発展を支える内部通報認証制度の現状と展望
~通報制度の質が低い企業は淘汰される時代の幕開け~

 新型コロナウイルス (COVID-19) 感染流行の終息見通しが立ちましたら開催いたします。
  • 2018 年度に開催した同氏によるセミナーは、受講者の 92.9% から「期待通り」「期待以上」と極めて高い評価を得ています。

講義概要

企業の不祥事が絶えない。果たして組織にある内部通報制度が機能しているか疑問である。

「企業経営の新たなる夜明け」としたい令和の時代においては、今後の企業の持続可能な発展を支える視点から、内部通報認証制度が有効に機能することが重要になってくる。

 

本セミナーでは、その制度の入口部分である、「相談機能」による不祥事の未然予防と、万一発生した時でも被害を最小限度におさえる「通報機能」について解説する。あわせて、その制度に対する従業員や役職者へ「安全・安心」を提供する「認証制度」について、様々な企業の事例を含めて解説するとともに、不正対策・不正調査に携わる者の果たすべき役割を提起する。

講義内容

  1. 不祥事の未然予防に取り組む制度的枠組み ─ 内部通報制度認証の現状と将来展望
  2. 政府が強力に推進する内部通報制度認証の有効活用
  3. 消費者・事業者・労働者からの内部通報制度の質に対する要求の高まり
  4. 制度間競争の本格化 (「企業の内部通報制度 vs 行政機関・マスコミ等の情報受付制度」間の情報収集競争の進展)
  5. 海外の報奨金制度のインパクト (もう一つの制度間競争)
  6. 内部通報制度の質を「証明できない」ことについての説明責任の発生
  7. 守りと攻めの経営倫理 ─ 上場廃止から甦り再上場を果たした西武ホールディングスの事例に学ぶ
  8. 経営層の本気の取り組みと経営層を動かすべく不正対策・不正調査に携わる者の役割

講師

水尾 順一 (みずお じゅんいち) 氏
一般社団法人日本コンプライアンス&ガバナンス研究所 代表理事・会長
駿河台大学 名誉教授
博士 (経営学)
《 経歴 》
株式会社資生堂、駿河台大学 経済学部 教授、駿河台大学 大学院経済学研究科 教授を経て、現職。
株式会社ダイセル 社外監査役、株式会社西武ホールディングス 企業倫理委員、経営倫理実践研究センター 首席研究員など。
《 著書 》
  • 「サスティナブル・カンパニー:「ずーっと」栄える会社の事業構想」(宣伝会議, 2016/8)
  • 「マーケティング倫理が企業を救う」(生産性出版, 2014/9)
  • 「CSR で経営力を高める」(東洋経済新報社, 2005/7)
  • 「渋沢栄一に学ぶ「論語と算盤」の経営」(編著)(同友館, 2016/5)
  • 「上杉鷹山とイノベーション経営」(編著)(同友館, 2020/5 予定)
など多数

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2020 年 5 月 26 日(火) 13:30~16:30
【 会場 】

アキバプラザ 7F EX ルーム 1

〒101-0022
東京都千代田区 神田練塀町3
[地図 (公式サイト)]

【受講料】 ACFE 会員 11,000 円、一般 16,500 円 (いずれも消費税 10% を含む)
【CPE】 3 単位 (不正検査 (損失防止))

▲ ページ先頭に戻る ▲

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。