データ統計分析による再犯防止:犯罪心理学の視点から

講義概要

不祥事に対するリスクマネジメントにおいて、これまでの事案を蓄積し対策を検討する作業は、いかなる組織においても不可欠なものであります。その際、各事案における質的なデータをそのまま言語データとして扱っていくと、重要なポイントが拡散し主観的な評価による非汎用的なミスリードを生み出す可能性が高まるものと考えられます。

現在、犯罪捜査において実施されている犯罪者プロファイリングは、犯罪事象に関わる資料を数値化し多変量解析などの統計処理を施して、事件解決への支援を行っています。また、犯罪予防においても同様の手法を応用し、具体的な対策を実施しています。

 

本セミナーでは、以上のようなデータの統計分析と犯罪心理学の理論についてお話しし、具体的な分析例を示しながら、不祥事対策においてのヒントを掴んでいただければと考えています。

講義内容

  1. 犯罪に対する犯罪心理学の考え方
  2. 犯罪者プロファイリングの実際
  3. 不祥事のデータ分析の考え方とその手法
  4. 今後の課題

講師

桐生 正幸 (きりう まさゆき) 氏
東洋大学社会学部教授(犯罪心理学) 博士(学術)
最近の講義先:東京税関、大阪司法書士会、墨田区教育委員会、損害保険協会、丸善市民大学など。
《 経歴 》
文教大学人間科学部、山形県警科学捜査研究所主任研究官、関西国際大学教授を経て現在に至る。神戸学院大学、聖心女子大学などで非常勤講師も務める。日本犯罪心理学会常任理事、日本法科学技術学会評議員、日本応用心理学会理事、兵庫県まちづくり審議員、尼崎市ひったくり防止対策アドバイザーなど。NHKクローズアップ現代などに出演。
《 直近の著書・論文 》
  • 木村幹夫, 森 功, 桐生正幸(2019)「コンサルティング基礎講座 不動産テックで進化する不動産取引の世界(9・最終回)地面師詐欺をどう防ぐ」不動産フォーラム21 (349), 18-22.
  • 桐生正幸(編)(2019)「司法・犯罪心理学 (シリーズ心理学と仕事)」北大路書房など。
  • 桐生正幸(2018)「犯罪者プロファイリングはホームズの叡智を獲得したのか? (特集 叡智) 」心理学評論,61(3), 344-358.

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2019 年 11 月 14 日(木) 13:30~16:30
【 会場 】

連合会館201会議室

〒101-0062
東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
[地図 (公式サイト)]
[地図 (Google Map)]

【受講料】 ACFE 会員 11,000 円、一般 16,500 円 (いずれも消費税 10% を含む)
【CPE】 3 単位 (不正検査 (犯罪学))

▲ ページ先頭に戻る ▲

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。