実践!海外贈賄リスク対策
~グローバル コンプライアンス リスクに備える~

日本弁護士連合会「海外贈賄防止ガイダンス (手引)」 の策定・監修に関わった弁護士・研究者により創立された海外贈賄防止委員会 (Anti-Bribery Committee Japan; ABCJ) のメンバー (弁護士) によるセミナーです。

海外でも事業を行っている企業様や海外に拠点やグループ法人をお持ちの企業様は必聴です。

講義概要

海外で事業活動を行う企業や、海外に子会社・関連会社を有する企業は、事業展開先の贈賄リスクに直面する場合があります。国際商取引における贈賄については、日本でも OECD からの要請を受けて取り組み・摘発が強化されており、また、米国や英国でも事業を行う企業は、米国 (連邦) 海外腐敗行為防止法 (US FCPA; The Foreign Corrupt Practices Act) や英国贈収賄法 (UK BA; Bribery Act) による処罰も受けかねません。贈賄リスクは、一法人・一国だけで収まるものではなく、企業グループ全体にも影響を及ぼします。

 

本セミナーでは、国内外のリスク管理と危機管理の知見を有する弁護士に、日本企業が贈賄罪で摘発を受けた事例などを題材として、贈賄リスクに対して日本企業が講じるべき実践的な対策について説明していただきます。

 

講義内容

  • 日本企業に対する海外贈賄事件の執行例
  • 主要各国の贈収賄規制に関するアップデート
  • 日本企業として実施すべき海外贈賄リスク対策
  • 贈賄調査対応時の留意点

 

講師

竹内 朗
プロアクト法律事務所 弁護士、公認不正検査士
一般社団法人日本公認不正検査士協会 (ACFE JAPAN) 理事
海外贈賄防止委員会 メンバー
《 経歴 》
1990 年早稲田大学 法学部 卒業
1994 年最高裁判所司法研修所 入所 (第 48 期)
1996 年最高裁判所司法研修所 修了、弁護士登録、国内の法律事務所に入所
2001 年 6 月日興コーディアル証券株式会社 (現:SMBC日興証券株式会社) 法務部 勤務
2006 年 10 月国広総合法律事務所 パートナー
2010 年プロアクト法律事務所 開設
プロフィール詳細:http://proactlaw.jp/takeuchi-profile/
 
吉田 武史
ベーカー&マッケンジー法律事務所 (外国法共同事業) 弁護士、ニューヨーク州弁護士、公認不正検査士、公認内部監査人
CIArb (英国仲裁人協会) 会員 (MCIArb)
海外贈賄防止委員会 メンバー
《 経歴 》
2003 年東京大学 法学部 卒業
2007 年東京弁護士会 登録
2012 年ノースウェスタン大学 (Northwestern University) ロー スクール 修了 (LL.M.)
2015 年中央大学 大学院 戦略経営研究科 (中央大学 ビジネススクール)
兼任講師 (「ビジネス交渉術」) 就任 (現任)

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2019 年 1 月 31 日(木) 13:30~16:30 (受付開始 13:00)
【 会場 】

連合会館 4F 401 会議室

〒101-0062
東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
[地図 (公式サイト)]
[地図 (Google Map)]

【受講料】 ACFE 会員 10,800 円、一般 16,200 円 (いずれも消費税 8% を含む)
【CPE】 3 単位 (不正検査 (法律))

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート