『内部者の脅威』に立ち向かうために
~情報資産の流出を防止するための調査のポイント~

  • 本セミナーは、2017 年 3 月 2 日に開催した同名セミナーの更新版です。内容の多くが重複しますので、すでに受講された方はご注意ください。

講義概要

情報の不正な流出は、外部 (悪意の第三者) による攻撃が原因で起こるものばかりではなく、従業員による持ち出しが原因である場合も数多く挙げられます。

経営層・管理職・情報セキュリティ管理者などの各立場や、派遣社員やアルバイトなども含めた従業員とでは、情報資産に対する価値の認識や情報の持ち出し行為に対する危機感・罪悪感に温度差があることが多く、体制を構築すべき立場の者は情報漏洩対策の必要性を理解していなかったり、情報の持ち出しを行う従業員は軽い気持ちだったりします。

 

本セミナーでは、デジタル フォレンジック業界での勤務経験を持つ弁護士が、会報誌「FRAUD マガジン (Fraud Magazine)」53 号の特集「内部者の脅威! 知的財産の窃取をデジタル・フォレンジックで防ぐ」を基に「従業員による情報資産の窃盗」を防ぐために必要となる知識について解説します。

講義内容

  • 従業員により行われる情報資産の窃取の手口について
  • デジタル フォレンジックを行うために必要な取り組みと、関連する法令・ガイドライン
  • デジタル フォレンジックの基礎知識 (概要)
  • デジタル フォレンジックの実施事例
  • 「内部者の脅威」にいかに立ち向かうか

※ 備考 ※

  • 本セミナーは、デジタル フォレンジックの概要とその適用について理解したい方向けに構成しています。デジタル フォレンジック自体の詳細な技術解説は行いません。(デジタル フォレンジックが必要となる場合に備え、その専門家とのやり取りを行うために必要となる基礎知識を解説します。)
  • 2017 年 3 月 2 日に開催した同名セミナーの更新版です。内容の多くが重複しますので、すでに受講された方はご注意ください。
  • 会報誌「FRAUD マガジン (Fraud Magazine)」53 号をご持参いただく必要はございません

 

講師

重政 孝
弁護士
株式会社メディカルノート

 

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2018 年 3 月 13 日(火) 15:00~17:00
【 会場 】 連合会館 4F 401 会議室
〒101-0062 東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
[地図 (公式サイト)]
[地図 (Google Map)]
【受講料】 ACFE 会員 7,560 円、一般 10,800 円 (いずれも消費税 8% を含む)
【CPE】 2 単位 (不正検査 (不正調査))

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート