よく寄せられるお問い合わせ (不正検査士マニュアル関連)

不正検査士マニュアル」「不正検査士マニュアル【要約版】」に関するお問い合わせをまとめています。

公認不正検査士 (CFE) 資格、CFE 資格試験、CFE 資格認定、お申込み・お手続きに関連するお問い合わせは、「よく寄せられるお問い合わせ」をご覧ください。

 

「不正検査士マニュアル 2015年 インターナショナル エディション 日本語版」関連
「不正検査士マニュアル【要約版】」関連

「不正検査士マニュアル 2015年 インターナショナル エディション 日本語版」関連

「不正検査士マニュアル 2015年 インターナショナル エディション 日本語版」の詳細は次のページをご覧ください。

不正検査士マニュアル 2015年 インターナショナル エディション 日本語版
全目次や内容見本も掲載しています。

▲ 一覧に戻る ▲

CFE (Certified Fraud Examiners, 公認不正検査士) とは、組織内で発生しうる不正の防止・抑止のための取り組みに関する専門家であることを示す国際的な資格です。米国では不正対策関連の職種に就く際の必須資格・優遇資格とされています。

不正対策について高度な専門性を有していることを示す資格であるため、CFE 資格の取得には、知識の裏付けとなる「CFE 資格試験の合格」と実務の裏付けとなる「不正対策関連の業務経験」が必要です。

 

次のページもご覧ください。

CFE(公認不正検査士)とは
CFE 資格要件 (入会から資格取得まで)

▲ 一覧に戻る ▲

「不正検査士マニュアル【要約版】」関連

「不正検査士マニュアル【要約版】」の詳細は次のページをご覧ください。

不正検査士マニュアル【要約版】

▲ 一覧に戻る ▲

法律「2-2 不正に関連する法」の理解度確認問題 Q 3 の正解が B (誤) なのはなぜか。

Q 3被告が偽証を行ったことを立証するためには、検察は、被告が法廷において、陪審の決定に影響を及ぼす虚偽の供述を意図的に行ったことを示さなければならない。


▲ ページ先頭に戻る ▲