最終更新日:2020-04-09

行動制限状況下における CPE (継続的専門教育) 単位取得方法のご案内

行動制限状況下における CPE (継続的専門教育) 単位取得方法のご案内

  • リンク先の指定の誤りを訂正いたしました。ご迷惑をお掛けいたしました。(2020/04/09)

公認不正検査士 (CFE) の皆様へ

CFE (公認不正検査士) には、CPE 報告年度ごとに CPE (継続的専門教育) 20 単位を取得して報告する義務があります。

しかしながら、新型コロナウイルス (COVID-19) 感染拡大により行動が制限されている状況において、どのようにして CPE を取得するかで苦慮されている方も多いかと思われます。

このページでは、公認不正検査士 (CFE) の皆様が、より各自に適した方法で CPE を取得できるように、CPE の取得方法についてご案内差し上げます。

おすすめの取得方法

FRAUD マガジン CPE クイズ

ACFE JAPAN の会報誌「FRAUD マガジン」は、ACFE 本部が発行する会報誌 “Fraud Magazine” を邦訳したものです。

世界で発生している不正や詐欺の手口、不正の防止・抑止・検出・調査のための新たな知見や技術、自らの専門性を高めるための取り組みなど、不正検査に携わる方に役立つ記事が掲載されています。

その「FRAUD マガジン」を通じて行った学習を CPE として認定するのが「FRAUD マガジン CPE クイズ」(有料) です。

指定された組み合わせの「FRAUD マガジン」を 3 号分 (半年分) お読みになり、巻末の CPE クイズにご回答ください。

所定の条件を満たすと CPE 5 単位 (研究分野:不正検査/取得方法:CPE クイズ) を取得できます。

※ 備考 ※

  • 「FRAUD マガジン CPE クイズ」は、ACFE JAPAN ウェブ ラーニングで提供しております。
  • 「FRAUD マガジン CPE クイズ」の対象となる「FRAUD マガジン」の組み合わせは、ACFE JAPAN ウェブ ラーニングでご確認ください。
  • 会報誌がお手元にない方は、「FRAUD マガジン」バック ナンバーをご利用いただけます。(ACFE JAPAN 会員のみご利用いただけます。ログイン後にリンクをクリックしてください。)
  • ACFE 本部が提供する “Fraud Magazine CPE Service/Quiz(zes)” とは提供条件が異なります。また、“Fraud Magazine CPE Service/Quiz(zes)” と「FRAUD マガジン CPE クイズ」は同じ取得方法として扱われ、両方を合算して CPE 報告年度ごとに最大 10 単位の算入制限があります。ご注意ください。

ACFE JAPAN ウェブ ラーニング

オンラインでご受講いただける講習・自習教材です。

コースをご購入・ご受講いただき、コースごとに定められた条件を満たすと、CPE を取得できます。

ACFE JAPAN ウェブ ラーニングには、ACFE 本部教材を翻訳したコースや、ACFE JAPAN が独自に制作したコースを掲載しています。

また、ACFE JAPAN では、集合型研修 (セミナー等) を開催できない現状を鑑みて、集合型研修で実施した内容のウェブ ラーニング化を進めております。

公開の準備が整いましたら、本 Web サイトやメルマガ等でご案内差し上げます。

ACFE 本部教材を翻訳したコース (一例)

ACFE JAPAN 独自に制作したコース (一例)

「倫理」単位を取得できるコースも多数取り揃えております。

翻訳ボランティア

ACFE JAPAN では、ACFE 本部会報誌 “Fraud Magazine” の記事など、ACFE 本部のコンテンツを翻訳していただけるボランティアを募集しています。

この作業に掛かった時間は、CPE (研究分野:不正検査/取得方法:執筆者単位) として認められます。

コンテンツには限りがあり、必ずしもご依頼を差し上げられるとはかぎりませんが、このような状況が長く続く可能性も考えられますので、もしご興味・ご関心がありましたらお申込みください。

その他のオンライン講習

CFE 資格維持のための CPE 20 単位のうち、最低 10 単位は「不正検査」関連、最低 2 単位は「倫理」関係でなくてはなりませんが、残り 8 単位は「その他の専門分野」としてより幅広い内容が認められています

無料または比較的安価に受講できるオンライン講習として、次のようなサービスもありますので、ご利用になってはいかがでしょうか。(CPE 取得方法の一例としてご紹介するものであり、ACFE・ACFE JAPAN としてサービスの利用を推奨するものではございません。)

日本語

英語 (いずれも ACFE INSIGHTS の記事)

※ 備考 ※

これらのサービスをご利用になる前に、次の各事項についてご確認ください。

  • CFE 資格維持のための CPE として認められる内容 (研究分野) である。(詳細は「CPE の対象となる研究分野」をご覧ください。)
  • CPE 単位数が明記されている、または、活動時間 (標準学習時間など) が明確である。
  • 活動を証明する文書等 (修了証明書など) を取得できる。(詳細は「CPE の対象となる取得方法」をご覧ください。)

特定の条件を満たす方がご利用になれる CPE 取得方法

それぞれの機関が提供しているサービスのうち、ACFE が定める「研究分野」と「取得方法」の両方に合致するものは、CPE 単位を算入できます。(他資格維持のために取得した CPE を共用できます。)

対象となる「研究分野」と「取得方法」については、次のページをご覧ください。

  • の行をクリックすると詳細が表示されます。

CFE 資格維持のための CPE の詳細な説明・該非の基準は、次のページをご覧ください。

さいごに

末筆ながら、皆様が何事もなくこの状況を乗り越えられますことを、ACFE JAPAN 事務局一同、心より願っております。

どうかご自愛くださいませ。


▲ ページ先頭に戻る ▲

お知らせ

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。