理事長就任のご挨拶 (ACFE JAPAN 理事長 藤沼 亜起)

一般社団法人日本公認不正検査士協会 (東京都千代田区) は、6 月 14 日(木) に行われました理事会におきまして、藤沼 亜起 (ふじぬま つぐおき) 氏を新たな理事長に選任いたしました。

藤沼 亜起 氏は、国際会計士連盟 (IFAC) 会長や日本公認会計士協会 (JICPA) 会長などを歴任され、本協会においても法人設立時より評議員としてご貢献いただいています。

 

なお、前理事長の濱田 眞樹人 氏は、今後も評議員として本協会の運営に関与していただきます。

 

藤沼 亜起 氏の理事長就任についての挨拶文を掲載いたします。


理事長就任のご挨拶

一般社団法人 日本公認不正検査士協会
理事長 藤沼 亜起
 

この度、2018 年 6 月 14 日の理事会において理事長に就任いたしました。

一般社団法人日本不正検査士協会 (ACFE JAPAN) は、米国 ACFE (Association of Certified Fraud Examiners) 本部の持つ不正にかかわる最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、日本国内で不正対策に取り組まれる方々を支援してまいります。

 

理事長への就任後、早速 6 月 18 日から米国で行われていた ACFE Global Fraud Conference に参加いたしました。

ユーロポール (EU の刑事警察機構) のディレクター ロブ・ウェインライト氏による初日の基調講演では、最近の不正事件の傾向として、サイバー犯罪の急激な増加と犯罪者の国際的な組織化が挙げられ、犯罪の摘発や防止が極めて困難になっている現状と、各国の司法組織、規制機関、民間団体の連携強化の必要性について述べられました。

 

ACFE JAPAN では、米国 ACFE 本部と協力して不正の防止と発見に取り組む専門家の養成と教育の充実を図っており、不正検査士マニュアルの翻訳出版、公認不正検査士資格の認定、不正対策関連セミナーの実施、各種情報発信媒体などを通じて、不正対策の教育機関としての責務を果たしていく所存です。

また、今後も日本における公認不正検査士の役割や活動に対する社会的認知の向上と公認不正検査士資格の普及に努めてまいります。

 

最後になりますが、皆様のご理解と今後益々のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


ACFE JAPAN 理事長 藤沼 亜起の写真 藤沼 亜起 (ふじぬま つぐおき)
プロフィール
日本公認不正検査士協会 理事長 (2018年6月~)、公認会計士。
国際会計士連盟 (IFAC) 会長 (2000年~2002年)、
日本公認会計士協会 会長 (2004年~2007年)、
IFRS 財団 評議員会 (Trustees) 評議員・副議長(2005年~2014年)、
中央大学 大学院ビジネススクール 特任教授 (2008年~2015年)、
その他、上場企業等の社外役員を歴任。
2015年 旭日中綬章 受章。
著書
  • 「企業不正対策ハンドブック ―防止と発見― 第2版」第一法規 (監訳, 2009/4)
  • 「企業不正防止対策ガイド 新訂版」日本公認会計士協会出版局(検討委員, 2012/10)
  • 「新時代を切り拓く会計プロフェッション」同文舘出版(編著, 2018/2)
  • 「会計プロフェッションの職業倫理 ―教育・研修の充実を目指してー」同文舘出版 (編著, 2012/4)
など