『新春のご挨拶』(ACFE JAPAN 理事長 濱田 眞樹人)

 全文 [PDF]

新春のご挨拶

一般社団法人日本公認不正検査士協会 理事長
濱田 眞樹人

 

平成 30 年の新春を迎え、謹んでご挨拶を申し上げます。平素より、一般社団法人 日本公認不正検査士協会の活動にご理解とご協力を賜り、心から御礼申し上げます。

 

昨年も我々は、日産、スバル、神鋼、三菱マテリアル、東レと次々に一流企業で明るみに出たデータ不正、富士フィルムの海外子会社での財務諸表不正以外にも、横領、独占禁止法違反、労働基準法違反、インサイダー取引、投資詐欺などの、止むことを知らない不正事件を目の当たりにしてきました。M&A や新規事業等によりイノベーションを起こすことを求め続けられる現在の企業は、事業が複雑化し、拠点がグローバル化することにより、増え続ける子会社や新たな事業拠点などでの不正リスクは高まるばかりです。経営者が責任を持つべき内部統制の有効性を担保することは難しくなるばかりですが、これをコスト・エフェクティブにやり抜くことが何としても必要です。企業が不正事件について研究し、何を学べるか真剣に取り組み、自浄能力を高めることが求められるのです。そのような状況の中、ACFE は「不正対策に関するトレーニングのスペシャリスト」として、会員の皆様とともに企業不正と闘って参ります。

ACFE JAPAN は、昨年 10 月の「不正リスク管理ガイド」の出版に寄与しました。このガイドは、2013 年に改訂された COSO「内部統制-統合的フレームワーク」の第8原則である「不正リスク評価」の実施においてベストプラクティスのガイドを提供するものです。これからも企業不正の防止と発見に関する世界最先端の知見を日本にお届けしてまいります。

多くの公認不正検査士が、企業の内部においても経営者を支えて、不正を未然に防止し、万が一の時には早期に不正を発見し、対処し、企業価値を守れるようになって欲しいと思います。日本公認不正検査士協会は、今年は日本での活動も 13 年目に入り、会員数も 1,600、公認不正検査士の数も 1,100 名を数えるようになりました。これも皆様のご支援の賜物です。何卒今後もご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

最後になりましたが、皆様方のご多幸とますますのご発展をお祈り申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 


 

ACFE JAPAN 理事長 濱田 眞樹人の写真

濱田 眞樹人

  • ACFE JAPAN 理事長
  • 立教大学 大学院 ビジネスデザイン研究科 客員教授
  • The Japan Society of USCPA (JUSCPA, 日本における米国公認会計士団体) 副幹事長
  • 博士 (経営管理学, 立教大学)
  • USCPA (イリノイ州)
  • 公認不正検査士 (CFE)
  • 公認内部監査人 (CIA)
  • 米国公認管理会計士
  • 米国公認財務管理士
  • サーティファイド ファイナンシャル プランナー® (CFP®, Certified Financial Planner®)
  • その他、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン 副社長、ハリー・ウィンストン・ジャパン 社長など、外資系企業のマネジメントを歴任。
ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへOFFICIAL SUPPORTER ディークエスト グループのサイトへ

お知らせ

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート