不正の早期発見研究会

 

研究会正式名称
不正の早期発見研究会
設立年 2009年10月
研究会の発起人名 中西 和幸,米澤 勝, 吉野晃弘
2013年の開催日 毎月第4水曜日かその前後
幹事名および連絡先 米澤 勝 m.yone.0531@gmail.com
募集中か否か 募集中
会の目的および概要
  • 企業不正の早期発見手法について研究するために,設立。設立当初より,企業不正の事例研究を中心に,研究会を毎月開催している。
  • 毎月の研究会参加者は8名から10名程度で,テーマはその時々の不正事例,判決などのうち,参加者が興味を持ったものを取り上げ,毎回,活発な意見交換を行っている。
今年の研究テーマ 引き続き,不正の早期発見手法の考察を,公開事例をもとに重ねていく予定。
研究会のPR
  • 研究会は,メンバーが発表し,それに対して様々な知見・経験を有する他のメンバーが意見を述べる形式で運営している。
  • 講師の発表を聞きに来るのではなく,メンバーが相互に講師を務め,参加者がどんどん発言をすることで,CFEとしての研鑽を積む機会を提供したいと考えている。
 
これまでの主なトピックス等
 
同じ東京地区で活動している東京不正検査研究会とは随時研究会を共催している。
また,関西不正検査研究会とともに,東西交流会を2011年1月から,毎年1回開催している(2013年1月23日,名古屋で開催)。
 

研究会について

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート