広島公認不正検査士研究会

研究会正式名称 広島公認不正検査士研究会
設立年 2010年4月28日
研究会の発起人名 木原 健二 kihara@shinkawa.co.jp
2016年の開催日 年5回  5月、7月、9月、11月、翌年2月の各第1水曜日
幹事名および連絡先

柴田 篤 a.shibata@bridgestone.com

山根 洋 rkyamane747@gmail.com

※両名にメールを送付願います。

募集中か否か 募集中です。(現在、研究会運営に最低必要な3名体制)
会の目的および概要

企業不正・損失防止に係わるあらゆる課題の研究

メンバーは一般企業1名と地元銀行に勤める2名。いずれも各組織の監査部署所属。会計・業務・情報システム専門

今年の研究テーマ 不正に係わる事例研究(継続)
研究会のPR

2012年度にメンバーの入れ替えがありましたが研究会存続の3名を維持。新メンバーを常に募集中です。研究会は広島市内中心部にて開催、会場無料。テーマは各自関心のある不正事項を持ち寄って議論。これまで、地元で発生した循環取引(広島ガス)やエルピーダ倒産、岡山の林原不正経理。その他、新聞記事となった不正・横領事件の精査。最近は情報システム監査概要、ITの価値倫理、クラウドなど。またFRAUDマガジンの中からテーマを選び、タイムリーな議論も行って時代に遅れぬよう研究に勤しんでいます。

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへOFFICIAL SUPPORTER ディークエスト グループのサイトへ

研究会について

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート