サイバー クライム研究会

2020/01/21 更新

研究会名 サイバー クライム研究会
(旧:コンピュータ フォレンジック研究会)
設立 2009 年 11 月
発起人 松本 隆、橋本 健治、前田 伸
幹事 松本 隆、橋本 健治
活動期間
日時・場所
2020 年 1 月~2020 年 12 月
原則、毎月第1土曜日 10:00~12:00 (1月と5月を除く)
主に、東京駅周辺の会議室を利用
日時・場所とも、講師やメンバーの都合により変更する場合があります。
参加条件 当研究会の目的・概要に賛同され、活発な議論が可能な方。
ただし、CFE 取得者に限ります。
目的・概要 サイバー犯罪、サイバー セキュリティ、情報セキュリティに関する幅広いトピックスについて情報を集約しながら深い議論を行い、参加者の知見を深めることが目的です。技術的な話題に焦点を絞らず、現象としてのサイバー犯罪にも焦点を当てています。
その他 10 期続いたコンピュータ フォレンジック研究会ですが、昨今の研究会の活動実態に合わせてサイバー クライム研究会と名を改めました。
お問合せ先 参加や見学をご希望の方は、ACFE JAPAN 事務局までお問い合わせください。

※ 研究会へのご参加をご希望の方へ (ACFE JAPAN 事務局より) ※

研究会は、ACFE 会員相互の交流・啓発を目的として設置される非営利の任意団体です。参加をご希望の方は、次の各項目についてご注意・ご留意ください。

  • 研究会へのご参加には、ACFE JAPAN の会員 (個人会員、または、法人会員ご所属員) である必要があります。(退会した方や有効期限が切れた方はご参加いただけません。)
  • 研究会は、発起人・幹事の厚意、かつ、非営利で運営されています。幹事や一部の参加者だけに負担が集中したりしないように、参加者は何らかの形で運営に貢献するようにしてください。たとえば、次のような方法が考えられます。(これらに限定されません。)
    • 幹事、司会、記録係、連絡係、会場手配などの役割を引き受ける。(分担や持ち回りも考えられます。)
    • 講師を引き受ける。
    • 題材や話題を積極的に提供する。

    研究会により方針は異なりますので、どのような形で貢献するのがよいかについては、幹事にご確認ください。

▲ ページ先頭に戻る ▲

研究会について

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。