不正リスク管理のフレームワーク ~5原則による管理のポイント~

 

不正リスクの管理は、全社的なリスク管理(ERM)の一環として行われますが、「行為者が意図に実行し隠蔽を図る」という不正リスクの特異性を踏まえ、専門的な見地からの評価と対応が求められます。
 
2008年、ACFE、IIA(内部監査人協会)、AICPA(アメリカ公認会計士協会)が支援するプロジェクト・チームが以下の5原則から成る「企業不正リスク管理のための実務ガイド(Managing the Business Risk of Fraud: A Practical Guide)」を公表し、同ガイドで示されたフレームワークは、監査や不正対策の実務において国際的に活用されています。本セミナーでは、5原則の要点をもとに、不正リスク管理の基本的な考え方についてわかりやすく解説します。
 
<企業における不正リスク管理の5原則>
1.不正リスクのガバナンス(Fraud Risk Governance)
2.不正リスクの評価(Fraud Risk Analysis)
3.不正の防止(Fraud Prevention)
4.不正の発見(Fraud Detection)
5.不正の調査および是正措置(Fraud Investigation and Corrective Action)
 
最近CFE資格を取得され、実務へのご活用をお考えの方、企業の内部監査、コンプライアンス、リスク管理部門などで不正リスク管理体制強化をご検討されている方などに適した内容です。
 
※「企業不正防止対策ガイド 新訂版」(日本公認会計士協会出版局)を教材に使用します。お申込みの際に、教材の有無をお知らせください。ご必要な方には、当日、代金2,000円(消費税込)と引き換えに会場で販売いたします。
 
 
【講師】甘粕 潔 氏、CFE、株式会社インタクト・コンサルティング代表取締役、日本公認不正検査士協会元理事
【日時】2013年5月28日(火)10:00~17:00 (1時間の昼休みを含みます。)
【会場】田中八重洲ビル2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15 
【受講料】ACFE会員18,000円、法人チケット4枚、一般25,000円(消費税込)
【CPE】6単位
 
好評につき、募集定員に達したため申込みを締め切らせていただきました。

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート