上手な聴き方(耳+目・心)~聞きたいこと"真実"を話させる~

 

プログラム概要:
 社内不正発生時の対応プロセスで、最も困難でデリケートな問題であり且「鍵」となるのが不正調査です。
不正調査の目的「真実を見つける」ためのアプローチで最も効果的な取り組みは「インタビュー」です。 調査において、重大なエラーを防ぎ本質を捉えるインタビューとは、被面談者から聞く発言内容だけでなく「しぐさ」の変化をみ取り、真実・嘘を見抜く(行動分析指標活用)など、面接者の耳だけでなく目と心による「上手な聴き方」によって聞きたいこと“真 実”を被面談者に話させることです。
 調査の結果、被疑者が明らかに関与していると想定された場合、自認(不正を認める)を求める問責面談を行いますが、残念ながら問責面談のマニュアルが存在し、マニュアルに従えば「被疑者が自白し罪を認める」ようなものは存在していないと思います。 併し、自認に対する抵抗力「嘘を言うから嘘を言わない」に導く「問責面談の9ステップ」について重点的な解説とデモンストレーションによって、効果的でかつ要点をおさえた問責面談が可能となることを学んで頂きます。
 
 
スケジュール予定:
13:00~15:00 
1.不正調査の実施
  調査フロー、調査の実施理由、対象範囲、情報収集等
2.インタビュー
  面談する環境、行動分析指標活用面談、問責面談
3.調査報告と防止策
 
15:00~17:00
1.講師による面接調査のデモンストレーション
  問責面談9ステップの実演
2.モデルプレイングの評価・質疑応答
 
 
【講師】株式会社アーサメジャープロ 危機管理アドバイザー 後藤春男 氏
【講師略歴】
   元西友(ウォルマート)のLoss Prevention・企業品質部初代ファンクションリーダー。  
   危機管理、コンプライアンスリーダーを歴任。 
【日時】2012年12月5日(水)13:00~17:00
【場所】田中八重洲ビル2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15 地図
【受講料】ACFE 会員10,000円、法人チケット2枚、一般15,000円(消費税込)
【CPE】4単位

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート