監査・調査のための面接スキルアップ 1日コース

 

■プログラム概要

 
午前中は、ACFE不正検査士マニュアルをベースに、面接調査のリスクと基本構造、情報収集のための面接、査定質問・自白を求める質問の基礎について講義を行います。また、ACFEの面接ビデオ教材「プロの面接技術」を視聴いただき、午後に行う接ロールプレイングのイメージを掴んでいただきます。
 
午後は、「面接の導入」と「情報収集」の各段階について、受講者間でロールプレイングを行います。ロールプレイングによる気づきの共有、講師による講評を通じて、調査における面接スキルアップのポイントを学んでいただきます。
 
内部・外部監査人だけでなく、人事・法務・コンプライアンス部門など社内調査に携わるすべての方にお薦めです。
 
 

■スケジュール予定

 
10:00~12:00
1.面接調査の講義
2.面接ビデオ教材「プロの面接技術」
 
13:00~17:00 
1.面接調査の基本的な考え方
2.面接ロールプレイング(導入段階) 
  ラポールの確立、面接の主題の確立、反応の観察
  面接ロールプレイングの結果共有、講評、質疑応答
3.面接ロールプレイング(情報収集)
  質問の種類の使い分け、基準の対比、反応の観察
4.面接ロールプレイングの結果共有、講評、質疑応答
5.全体のまとめ
 
 
【講師】高木 光太郎 氏  青山学院大学社会情報学部、大学院社会情報学研究科 教授
【略歴】東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。東京大学大学院教育学研究科助手、東京学芸大学国際教育センター講師、准教授を経て現職。
 <専門分野>
 発達心理学、法心理学、認知心理学。証言や裁判員裁判の評議など司法場面におけるコミュニケーションの分析を中心に研究。 
<著書等>
『ヴィゴツキーの方法:崩れと振動の心理学』 金子書房 (2001) (単著)
『心理学者、裁判と出会う:供述心理学のフィールド』 北大路書房 (2002) (大橋靖史・森直久・松島恵介との共著) 
『取調べの心理学-事実聴取のための捜査面接法-』 R・ミルン、R・ブル著、原聰編訳(共訳)
『証言の心理学:記憶を信じること、記憶を疑うこと』 中公新書 (2006) (単著)
 
【日時】2012年9月11日(火) 10:00~17:00
【場所】田中八重洲ビル2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15 地図
【受講料】ACFE 会員18,000円、法人チケット4枚、一般25,000円(消費税込)
【CPE】6単位
 
 
ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへOFFICIAL SUPPORTER ディークエスト グループのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート