自白に導くための面接調査(理論と実践)

 

■プログラム概要

 
不正調査において、嫌疑対象者から自白を得ることは重要です。内部通報制度を完備し、早期に不正の端緒をつかむことができたとしても、嫌疑対象者が事実を否認し不正を認めない時には、様々な問題が生じます。不正調査の目的は、不正の発生によって、一旦は傷ついた会社のガバナンスを回復することにあります。しかし、嫌疑対象者が否認し不正事実を解明できない場合には、再発防止策も立案できず嫌疑対象者に対しても懲戒処分を行えないなど、ガバナンスが回復できない事態に至ります。それだけでなく、嫌疑対象者による「再犯」の可能性や二次被害の可能性も生じ、社員の士気も低下して会社は危機的な状況に陥るおそれがあります。
 
本セミナーでは、元検察官として数々の企業犯罪捜査に携わり、多くの被疑者の取り調べに当たった経験を有する弁護士が、自白を引き出すための面接テクニックについて、その理論と実践手法を解説します。 
現在、内部監査や不正調査に従事されている方はもちろん、不正調査の面接技法に興味がある方にも、大変参考になります。
 
 

■スケジュール予定

 
1.不正調査における自白の重要性
・不正調査における真相解明ツール
・嫌疑対象者の面接と関係者の面接の違い
 
2.自白を求めるための面接ステップと質問内容 
・導入 
・情報収集 
・査定 
・クロージング
 
3.自白への誘導のための面接技法 
・説得 
・アリバイの打ち崩し、物的証拠の提示 
・うその見分け方 
・不正行為の動機
 
4.観察のポイント
 
5.メモの取り方と面接者への配慮事項  
 
【講師】中村 勉 氏 中村国際刑事法律事務所(弁護士、元東京地検特捜部検事)
【日時】2012年7月25日(水)14:00~17:00
【会場】田中八重洲ビル2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15 地図 
【受講料】 ACFE会員 10,000円、法人チケット2枚、一般15,000円(消費税込み)
【CPE】3単位
 
 

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート