大阪不正対策半日セミナー

【概要】

以下の2つのセッションで構成するセミナーです。

 

○ セッション1 (14:00~15:40)
「はたして貴社・貴団体は標的にされるのか?~サイバー犯罪を俯瞰する」

 

連日のようにニュースとして報道されている「サイバー犯罪」。悪意をもった外部から
のサイバー攻撃もあれば、情報技術を巧みに利用した内部犯行も起きています。
不正調査専門サービス企業から見たサイバー犯罪のグローバルな動向や、
サイバーセキュリティの歴史と最新事情の全体を俯瞰します。
特にこの3年間から直近1年の「サイバー犯罪の現実」について、私たちの周りで、
いったい何が起きているのか、実際の調査事例を踏まえてご紹介します。

サイバー犯罪は喫緊の問題としてどこの会社にも迫っておりますが、IT部に任せ"システム
更改や導入"の対策だけでは、犯罪の進化に対応できません。社内外の脅威そしてリスクに
対してどのように対応を検討するかは、監査部/内部統制部こそが全体を理解し指導力を
発揮する必要があるといっても過言ではありません。
本セミナーでは、最新のサイバー犯罪の状況をわかりやすく解説し、日頃の監査・調査に
役立つ内容も示唆いたします。

 

[講師]
長谷部泰幸(はせべ・やすゆき)氏
株式会社ソリトンシステムズ グループ執行役員 兼
株式会社Ji2 取締役 最高執行責任者


○ セッション2 (15:50~17:00)
第6回ACFE JAPANカンファレンス 「不正実行者と告発者、それぞれの内面」
~解説を通して、職業倫理を学ぶ~

 

本年10月9日に開催した第6回ACFE JAPAN カンファレンスでは、
エンロン事件の不正実行者と告発者それぞれの話を聞いていただくことができました。
また、各界識者を招いて「経営トップによる企業不正、誰がどう止められるのか?」と
題したパネルディスカッションが行われ、ご参加者いただいた多くの方から
「不正に対する多様な意見、見解を知ることができた。」
「自分の仕事の見直し、気づきに繋がるヒントを多く得られた。」との声を頂戴いたし
ました。

本セッションでは、ご参加出来なかった関西地域の方々に向けて
当カンファレンスのポイントとなる内容の解説を通し、CFEとして必要とされる職業倫理
についてお話しいたします。

本セッションでは、倫理1単位を取得していただけます。

 

[講師]
若原琢磨
一般社団法人日本公認不正検査士協会 事務局


【日時】
2015年12月4日(金) 14:00~17:00


【場所】
ユーズ・ツウ 
大阪府大阪市北区梅田2-1-18 富士ビル 3階
http://fujius2.ec-net.jp/ 


【受講料】
ACFE会員 10,800円、法人チケット2枚、 一般16,200円 (消費税込)
セッション1・2を通して午後のセミナーとしてご受講いただけます。
セッション1・2のいずれか一方のみのお申込みは承っておりません。


【CPE】 3単位
セッション1・2の両方をご受講の場合にCPE3単位が取得できます。
3単位のうち1単位は倫理に充当可能です。

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート