循環取引の実態および早期発見・防止策

【概要】 

最近の会計不祥事事案の特徴とされる、不正の手口の複雑化、不正実行の長期化、
不正の影響額の巨額化の傾向は循環取引にもあてはまります。本セミナーでは、
循環取引に関する訴訟を多数担当してきた弁護士の知見をベースとして、
循環取引についての判決や調査報告書を題材として、循環取引の多様な実態を
分析するとともに、循環取引の兆候を早期に察知し、防止するための対応策を整理し、
解説します。


【講師】
遠藤 元一氏 弁護士

【講師経歴】

東京霞ヶ関法律事務所 パートナー弁護士 
平成4年4月弁護士登録(第二東京弁護士会) 
日本私法学会、日本内部統制研究学会、国際取引法学会、
デジタルフォレンジック研究会等所属
現在、上場企業の社外監査役を務める


【日時】2014年12月4日(木)14:00~17:00
【場所】田中八重洲ビル 2階 会議室  東京都中央区八重洲1-5-15 地図 
【受講料】ACFE会員 10,800円、法人チケット2枚 一般16,200円 (消費税込)
【CPE】 不正調査 3単位

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート