CFEに求められる職業倫理

組織の役職員の倫理観は不正リスクの低減に不可欠な要素であり、第三者委員会等による不正調査報告書においても、不正の発生原因や再発防止の要点として「倫理」という言葉が頻繁に登場します。当然のことながら、CFEがその職務を適切に果たすためにも高い倫理観が求められ、その重要性は、昨年発刊された「不正検査士マニュアル2015年インターナショナルエディション日本語版」においても以下のとおり強調されています。

『不正検査士として下す決定は、依頼人や企業だけでなく、調査の対象となる個人にとってもきわめて重大なものとなる。そのため不正検査士は、非常に高い倫理観を保持しなければならない。』

本セミナーでは、同マニュアルの「不正検査士の倫理」の章および「公認不正検査士協会 職業倫理規範」の解説を中心に、倫理について様々な角度から考察します。

 

■プログラム概要
1.倫理とは
2.CFEに求められる倫理
3.倫理観向上のポイント

 

■講師:甘粕 潔氏
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。
元日本公認不正検査士協会専務理事。
現在、上場企業の社外監査役、コンプライアンス委員、研修講師等を務める。
『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。

 

【日 時】2016年3月18日(金)14:00~17:00

 

【場 所】田中八重洲ビル2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15

 

【受講料】ACFE会員 10,800円、法人チケット2枚 一般16,200円 (消費税込)

 

【CPE】3単位

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへOFFICIAL SUPPORTER ディークエスト グループのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート