事例から学ぶ「ビジネス視点の不正対策」
~事業会社の永続的価値創造を支える不正対策を考える~

  • 「会計・監査ジャーナル」の連載「公認不正検査士の不正調査手法 ビジネス視点の不正対策」(令和元年 9 月号~11 月号) を執筆した 真柳 元 氏によるセミナーです。
  • 同氏による過去のセミナーは、受講者の 77.5% から「期待通り」「期待以上」と高く評価されています。ぜひご受講ください。

講義概要

不幸にして企業内に不正が起きた場合、不正を調査し、その原因を探り、不正対策を立案、実行するのは、不正対応の基本であることは言うまでもありません。

 

不正調査の目的は不正対策の立案にあります。そして、企業の不正対策の目的は企業の永続的価値創造の実現にあります。この目的達成のために、不正対策はその方法として、不正発生リスクを低減し、発生した不正を早期に発見できるように設計されます。

しかし、この方法 (リスク低減と早期発見) の徹底を追求するあまり、目的である永続的価値創造の実現とはやや離れた不正対策が立案されてしまうこともあります。目的と方法のバランスの取れた不正対策が、企業にとって望ましい不正対策となるでしょう。

 

本セミナーに掲げた「ビジネス視点の不正対策」とは、永続的価値創造の実現を支え、かつ、リスク低減と早期発見を可能にする不正対策を目指しています。セミナーでは、どのような不正対策が可能か、具体的な対策の姿を考えていきます。

ただし、組織により目的が異なりますので、対象を事業会社に絞って検討します。したがって、基本的なアプローチを除けば、金融機関や投資会社における直接的な応用は難しいかもしれません。

 


本セミナーは「会計・監査ジャーナル」 2019 年 9 月号~11 月号に連載した「ビジネス視点の不正対策」と同趣旨ですが、新たな事例や別のサンプルも加え、より深く、よりわかりやすくご説明するものです。同連載をお読みいただいた方にも、より深いご理解のお役に立てるものとなっています。

 

講義内容

・基本的不正対策
 2018 年に開示された不正・不祥事事件の調査報告書を分析し、基本的な不正対策を再確認します。

・ビジネスの視点
 事業会社に必要なビジネスの視点を検討します。

・事例研究
 幾つかの会社の開示報告書をサンプルとして、ビジネス視点の不正対策の具体策を検討します。

講師

真柳 元 (まやなぎ げん) 氏
公認不正検査士 (CFE)、公認内部監査人 (CIA)、公認リスク管理監査人 (CRMA)
《 経歴 》
旭硝子株式会社 (現:AGC株式会社) プロフェッショナル、ジャパンベストレスキューシステム株式会社 (東証一部) 監査役を経て、現在はフリーのコンサルタントとして講演・執筆などの活動を行っている。

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2020 年 1 月 28 日(火) 13:30~16:30
【 会場 】

連合会館 4F 402 会議室

〒101-0062
東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
[地図 (公式サイト)]
[地図 (Google Map)]

【受講料】 ACFE 会員 11,000 円、一般 16,500 円 (いずれも消費税 10% を含む)
【CPE】 3 単位 (不正検査 (損失防止))

▲ ページ先頭に戻る ▲

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。