品質不正の発生原因と実務対応

講義概要

2017 年に大手鉄鋼メーカー等の品質不正が続発して以降、同年 12 月に経団連による通達「品質管理に係わる不適切な事案への対応について」が発出されたこともあり、2018 年は品質不正案件の発覚・公表が多く見られました。この傾向は 2019 年に入っても続いています。

重大事案では検察庁による立件がなされるケースもあり、また、本年 7 月 1 日から施行される改正 JIS 法 (産業標準化法)(旧:工業標準化法) では、法人に対する罰金刑の上限額が 1 億円に引き上げられるなど、品質不正に対する制裁がますます強まっています。

 

本セミナーでは、近時の品質不正事案をご紹介しつつ、講師が品質不正案件に現場で携わった実務経験を元に、品質不正の発生原因と実務対応について、わかりやすく解説します。

参考情報

 

講義内容

  1. 近時の品質不正事案 (概況)
  2. 品質不正の発生原因
    1. 品質不正の特質 (ブラックボックス化と長期化)
    2. 近時の品質不正事案にみる発生原因
    3. 発生原因に対応する再発防止策の策定
  3. 品質不正の実務対応
    1. 全体スケジュール
    2. 発覚の端緒
    3. 初動対応
    4. 不正調査の進め方
    5. 取引先対応
    6. 当局対応
    7. 公表・記者会見・マスメディア対応
    8. 社内処分対応

 

講師

西谷 敦 (にしたに あつし) 氏
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士、米国 NY 州弁護士、公認不正検査士
法学修士 (LL.M.)(カリフォルニア大学バークレー校)
《 経歴 》
東京大学 法学部を卒業後、堂島法律事務所、ビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所 (2015 年 4 月に現事務所と統合) を経て、2017 年 1 月より現職。

プロフィール詳細 ( アンダーソン・毛利・友常法律事務所 > 弁護士等 > 西谷 敦 )

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2019 年 7 月 25 日(木) 13:30~16:30
【 会場 】

連合会館 4F 402 会議室

〒101-0062
東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
[地図 (公式サイト)]
[地図 (Google Map)]

【受講料】 ACFE 会員 10,800 円、一般 16,200 円 (いずれも消費税 8% を含む)
【CPE】 3 単位 (不正検査 (不正調査))

▲ ページ先頭に戻る ▲

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート