実務で捉える経理・財務のリスク コントロール
~不正・誤謬の防止観点を基礎から考える~

  • 2018/8/28 に開催した同名のセミナーと同じ内容です。ご注意ください。

受講者の声 (アンケートより抜粋)

  • 不正の防止策について実務的な観点からお話いただけたのが助かりました。
  • 忘れそうになっている視点について掘り起こしていただけ、気づきがありました。
  • 金田一先生のお話は聞きやすかったです。リスクの話は、経営者にもやるべきだと思いました。
  • 税務はなじみがないため、興味深い話しが多々あり、もう少し聞きたいと感じました。

講義概要

会計上の不正や誤謬の検知の遅れは、意図しない損失や厳しい行政処分へと繋がりかねません。そのような不正や誤謬の防止・早期発見のために、企業内では様々な取り組みが行われていますが、その目的・意義を正しく理解して運用しているでしょうか?

本セミナーでは、会計・経理における様々な取り組みについて、マニュアルにそう書かれているから、あるいは、上司・先輩・前任者からそうするように言われたから、などのいわゆる「過去の踏襲」で行ってきた業務について再確認し、会計知識の棚卸と行動の理由付け・明確化を行います。講師からのレクチャーを受講するだけでなく、会計・経理・税務の実務と関連するリスクについて自ら積極的に考えていただく時間を設け、リスク コントロールの基礎を確立します。

 

想定する受講者像

  • 経理・財務の担当者
  • 部門・部署の責任者・管理者
  • 会計知識の棚卸・刷新を図りたい方
  • リスク マネジメントや、コンプライアンス、内部統制などに携わる方で、会計分野を担当する方、会計分野の知識を得たい方

これ以外にも、会計・財務における不正や誤謬の防止のための取り組みについて興味のある方もご参加ください。

 

講義内容

1 「不理解である事」から理解する
2 会計・税務の目的と連携を整理する
3 適切な税務報告のチェックポイント
(1) 記録の視点
(2) 業務の視点
4 考えるべきリスク コントロール
(1) 経理業務の管理ポイント (月次決算の視点から)

①目的 ②行うべき業務のポイント ③改善策

(2) 財務会計の管理ポイント (月次決算の視点から)

①目的 ②法規の整理 ③報告内容 ④基本思考 ⑤適用例

(3) 企業内税務の処理ポイント

①法人税

・目的 ・計算システム ・業務上のポイント

②消費税、源泉所得税など

・税の性質の整理 ・業務上のポイント ・その他の税、税務調査、修正等

(4) 各部署で行うべきリスク コントロールの把握

①購買 ②営業 ③経理財務

(5) 具体的なリスク コントロール策

①事例1 ②事例2 ③事例3

(6) 強化すべきリスク コントロール視点
5 企業が取るべき行動の総括

 

ご受講になる方へのご注意

  • 当日は、ライン マーカー (蛍光ペン) などの筆記具をご持参ください。
  • このセミナーでは、進行の都合により、事務局にて座席を指定する場合がございます。

 

講師

金田一 好子
税理士法人天業 副理事
税理士、公認不正検査士 (CFE)
《 経歴 》
税理士資格取得後、辻会計事務所 (現:辻・本郷税理士法人) などでの勤務を経て独立。税理士業務に加えて、企業や資格試験予備校などで講師を務める。
一般社団法人全国石油協会 信用保証委員会 委員長。
一般社団法人日本CFO協会 主任講師。

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2019 年 2 月 13 日(水) 13:30~16:30
【 会場 】 連合会館 4F 404 会議室
〒101-0062 東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
[地図 (公式サイト)]
[地図 (Google Map)]
【受講料】 ACFE 会員 10,800 円、一般 16,200 円 (いずれも消費税 8% を含む)
【CPE】 3 単位 (不正検査 (会計))

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

ACFE JAPAN 資料ダウンロード ライブラリ

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCE レポート