(取調べの)専門家から学ぶ不正調査技術 より多くの情報を聴取する方法

講義概要

専門家が実施する取調べでは、被疑者や被害者、目撃者、関係者などから情報を聴取し、被疑者(対象者)に不正の事実(真実)を認めさせる様々な方法が取られています。これらの方法については犯罪心理学の領域で、今まで数多くの研究が行われてきています。

本講義では、専門家はどのような方法を用いて、効率的で正確な取調(面接調査)を進めているかについて学び、犯罪心理学の領域で、聴取方法の研究の現状と実際の調査活動(面接調査の実施)における応用について取り上げます。

  1. 取調(面接調査)における基本的な会話技法、質問技法
  2. 認知面接技法(不正検査士マニュアル 2015年 インターナショナルエディション 日本語版 page 3.313~3.316 の解説)
  3. 誘導尋問と虚偽記憶による供述とその問題点
  4. 自白を引き出すための手法とその問題点など

講師

越智 啓太 氏
法政大学 文学部心理学科 教授 臨床心理士

経歴

1992年 学習院大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 修了
1992年~2001年 警視庁 科学捜査研究所 研究員
2001年4月~2005年3月 東京家政大学 文学部 助教授
2006年4月~ 法政大学 文学部心理学科 助教授
2008年4月~ 法政大学 文学部心理学科 教授

日時・会場・受講料・CPE

【 日時 】 2016年8月25日(木) 14:00~17:00
【 会場 】 富士ソフト アキバプラザ 6F セミナールーム3
東京都千代田区神田練塀町3 [地図]
【受講料】 ACFE会員 10,800円、一般 16,200円 (ともに消費税込)
【CPE】 3 単位(不正調査)

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート