財務取引と不正スキーム(実務編)

 

■プログラムの概要

 
ACFEが体系化した不正樹形図の大分類及び中分類について具体的な事例を元に不正の手口や発生原因を考察します。「不正な財務報告」では、架空売上、不適切な資産評価、負債・費用の隠ぺい、計上時期の操作、不適正な情報開示
について事例と共に説明をします。
 
「資産横領」では、スキミング、ラーセニー、不正支出について、「汚職」ではキックバックについて事例と共に説明をします。
 
オリンパスや大王製紙などの事例も取り上げ、どの不正スキームに該当するのかやどうすれば防止できたのかなどについても考察します。
 
本コースは基礎コースです。主に公認不正検査士(CFE)資格を取得されて間もない方、これから資格を取得される方、この科目全体をコンパクトに復習したい方にお勧めのコースです。
 
 

■プログラム予定

 
Ⅰ ケーススタディ
  不正スキームの分類
   事例 (財務諸表に関する不正)
   事例 (資産横領)
   事例 (キックバック)
Ⅱ 不正の兆候と発見
 
 

■過去に受講した方のアンケートより

 
短時間でよくまとまっていて面白かった。
事例中心のセミナーで分かりやすかった。
数々の具体的な事例を用いて考えることができて良かった。
 
 
【日 時】2012年3月6日(火)14:00~17:00
【場 所】八重洲貸会議室(田中八重洲ビル) 会議室2A 地図
     
【講 師】藤本 一夫 氏  エフ・アイ藤本公認会計士事務所代表 公認会計士
     1999年 大手監査法人入所。金融部門に所属し、大手証券会社、外資系金融機関をはじめ金融機関の監査を中心に監査経験を積む。
     2004年 金融庁・証券取引等監視委員会に出向。 証券取引特別調査官として、上場企業の粉飾決算事件など、
     証券取引法違反の事件の犯則調査にあたる。2006年独立し、エフ・アイ・藤本公認会計士事務所設立。
【受講料】ACFE会員10,000円、法人チケット2枚、一般15,000円(消費税込)
【CPE】CFE継続的専門教育ポイント 3単位

ACFE JAPAN カンファレンス 2018PLATINUM SPONSOR デロイトのサイトへ

セミナースケジュール

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

米国本部が開催する「年次総会」レポート

ACFE JAPAN カンファレンスのご案内

ACFE ASIA-PACIFIC CONFERENCEリポート