よく寄せられるお問い合わせ

よく寄せられるお問い合わせについてまとめています。

「セミナーのお申込み・お支払い・キャンセルについて」「弊協会からお送りする請求書・領収証について」は別のページに詳しい説明がございますので、そちらもご覧ください。

 

CFE 資格取得まで
CFE (公認不正検査士) 資格について教えてください。
資格試験の受験資格について教えてください。
CFE 認定を受けるまでの流れについて教えてください。
「不正対策関連の業務経験」にはどのようなものが該当しますか?
資格の表示について
資格試験に合格しました。「CFE (公認不正検査士) 資格試験合格」と表示してもいいですか?
CFE (公認不正検査士) 認定を受けました。CFE として表示してもいいですか?
資格の維持について・CPE (継続的専門教育) について
CFE (公認不正検査士) 資格の維持に継続的専門教育 (CPE) が必要なのはどうしてですか?
CPE の取得が (都合や費用などの面で) 難しいです。どうにかなりませんか?
CPE を取得する分野に制限があるのはなぜですか?
CPE を取得する期間に制限はありますか?
教材・出版物について
不正検査士マニュアルの CD-ROM (PDF) を開きましたが、「以下の項目よりコンテンツを選んでください」の項目を選択してもコンテンツが開きません (リンクが機能しません)。

CFE 資格取得まで

▲ 一覧に戻る ▲

CFE (公認不正検査士) 資格について教えてください。

CFE (Certified Fraud Examiners, 公認不正検査士) とは、組織内で発生しうる不正の防止・抑止のための取り組みに関する専門家であることを示す国際的な資格です。米国では不正関連の職種に就く際の必須資格・優遇資格とされています。

不正対策について高度な専門性を有していることを示す資格であるため、CFE 資格の取得には、知識の裏付けとなる「資格試験の合格」と実務の裏付けとなる「不正対策関連の業務経験」が必要です。

 

次のページもご覧ください。

CFE(公認不正検査士)とは
CFE 資格要件 (入会から資格取得まで)

▲ 一覧に戻る ▲

資格試験の受験資格について教えてください。

資格試験の受験には、その前提となる知識量の確認として、一定以上の学歴・資格・業務経験が必要です。例を示します。

  • 4 年制大学を卒業している (学士号を持っている) 方は、それだけで受験できます。
    (学士課程 1 年につき 10 点 × 4 年 = 40 点)
  • 不正対策関連の業務経験が 8 年以上ある方は、それだけで受験できます。
    (業務経験 1 年につき 5 点 × 8 年 = 40 点)
  • 公的資格を所有する方は、学歴・業務経験のかわりとして充当できます。

 

この例以外でも、複数の条件を組み合わせて受験資格にできます。

また、受験の際は、ACFE JAPAN の会員である必要があります。

 

詳細は、次のページをご覧ください。

CFE 資格要件 (入会から資格取得まで)

▲ 一覧に戻る ▲

CFE 認定を受けるまでの流れについて教えてください。

CFE 認定には、「資格試験の合格」と「不正対策関連の業務経験」が必要です。資格試験に合格した後に、実務を経て、認定を受ける、という流れが一般的ですが、資格試験合格時に CFE 認定に必要とされる業務経験をお持ちの場合は、CFE として認定を受けることができます。

 

詳細は、次のページをご覧ください。

CFE 資格要件 (入会から資格取得まで)

▲ 一覧に戻る ▲

「不正対策関連の業務経験」にはどのようなものが該当しますか?

会計・監査、犯罪学、不正調査、不正防止・損失防止、法律のいずれかにおける、不正対策に関連する業務が該当します。次の表をご覧ください。

は「不正対策関連の業務経験」として認められる業務、
は認められない業務です。
会計・監査
統制の設計、業務手続きの脆弱性評価、不正リスクの測定、財務・会計での異常検知、不正兆候の抽出・検知、などの業務。
統制の見直しや不正対策の提案などを含む監査業務。
仕訳やデータ入力のような業務。
犯罪学
不正や組織内犯罪などについての教育・研究。(教育については、教育を行う側であること。受ける側である場合は認められません。)
教育を受ける立場である場合。
一般的な社会学の分野における教育・研究である場合。
不正調査
不正や組織内犯罪についての調査。
検察官・警察官・国税専門官・民間企業内の調査員 (保険調査員) などとして不正調査・組織内犯罪調査を行った場合も該当します。
不正・組織内犯罪のいずれにも該当しない調査。
単なる探偵調査。
不正防止・損失防止
不正や損失などの問題に対処する業務。
総務・法務のような部署で、これらの問題に責任を負う立場である場合も該当します。
コンプライアンスやリスク マネジメントなどに携わった場合。
警備員としての経験。(ただし、全体的な運用に責任を負う立場にいて、方針・計画の設定や不正対策などの対処を行っている場合は認められる場合があります。)
法律
弁護士・司法書士などの立場で、不正や組織内犯罪などに関連する案件を扱った場合。
弁護士・司法書士などの資格の保有だけ。
情報システム
情報システムの企画・設計・運用において、業務手続きにおける、不正対策・脆弱性評価などを行った場合。
ツールなどを実行するだけの立場である場合。(責任者として実施内容の策定・計画などを行った場合は認められる場合があります。)
開発や運用を行うだけの立場である場合。
※ 注意 ※

この表の記載内容は目安であり、不正対策関連の業務経験に該当するかどうかの判断は米国 ACFE 本部が行います

 

次のページもご覧ください。

CFE 資格要件 (入会から資格取得まで)

▲ 一覧に戻る ▲

資格の表示について

▲ 一覧に戻る ▲

資格試験に合格しました。「CFE (公認不正検査士) 資格試験合格」と表示してもいいですか?

「資格試験の合格」を表示することは認めていません。CFE としての要件を満たして、はじめて CFE (公認不正検査士) であることを表示できます。

▲ 一覧に戻る ▲

CFE (公認不正検査士) 認定を受けました。CFE として表示してもいいですか?

CFE 要件を満たしている場合は、CFE (公認不正検査士) と表示できます。また、CFE Seal (紋章) も使用できますのでご利用ください。

CFE 要件を満たさなくなった場合や、CFE 資格が一時停止 (Inactive) または無効 (Suspend) の状態にされている場合は、CFE (公認不正検査士) の表示と紋章の使用はできなくなります。サイト (ホームページ) や名刺などに表示している場合は特にご注意ください。

 

次のページもご覧ください。

継続的専門教育 (CPE) について (資格維持について)

▲ 一覧に戻る ▲

資格の維持について・CPE (継続的専門教育) について

▲ 一覧に戻る ▲

CFE (公認不正検査士) 資格の維持に継続的専門教育 (CPE) が必要なのはどうしてですか?

不正対策の専門家として社会からの要請・期待に応えるため、次のような観点から継続的な学習が必要であると考えているからです。

  • 新たに発生する不正の手口に対応できるようにする。
  • 資格試験の合格や CPE 資格の取得は、あくまで不正対策に必要とされる最低限の能力を持っていることを示しているにすぎず、より積極的に不正対策を行うためには、より広範でより高度な知識の取得が不可欠である。

▲ 一覧に戻る ▲

CPE の取得が (都合や費用などの面で) 難しいです。どうにかなりませんか?

CPE の取得には様々な方法があります。弊協会では集合研修やオンライン セミナー (Web ラーニング) を提供していますが、これにかぎらず、次のような方法でも取得できます。(ここに掲載している方法は一例です。)

  • 不正対策に関連するセミナーに参加する。(弊協会が提供するものにかぎらない。)
  • 教育機関が提供する講義・講座などを受講する。
  • 組織内で勉強会を開催する。
  • 不正対策関連の執筆を行う。
  • 弊協会の翻訳ボランティアに登録し、翻訳作業を行う。
  • ACFE 本部が提供する集合研修、オンライン セミナー、オンライン研修、などを受講する。(日本以外で開催されるカンファレンスに参加して得られる CPE も対象になります。)
  • Fraud Magazine を購読し、CPE クイズに回答する。(英語版と日本語版があります。いずれも手数料が必要です。)

 

いずれの方法についても、その証明書類が必要です。証明書類は、ACFE 本部が実施する無作為抽出調査の対象とされた場合に提出しなくてはなりませんので、最低 5 年間は保管しておいてください。(弊協会が提供する方法 (セミナーなど) では、CPE 証明書を発行しております。大切に保管しておいてください。)

 

分野・方法により、取得できる単位に上限が設定されている場合があります。詳細は、次のページをご覧ください。

継続的専門教育 (CPE) について (資格維持について)

 

CPE 取得の例
  • 「不正検査士の倫理」に関するセミナーに参加する (不正検査と倫理)
  • 「不正検査」に関するセミナーに参加する (不正検査)
  • 社内教育を実施する・受講する (その他)
  • CPE クイズに回答する (不正検査)

 

これらを組み合わせて、倫理 2 単位と不正検査 10 単位を含む、合計 20 単位を満たすと資格維持条件を満たします。

▲ 一覧に戻る ▲

CPE を取得する分野に制限があるのはなぜですか?

CFE 資格維持に必要な CPE 20 単位のうち、2 単位は「倫理」分野、10 単位は「不正検査」分野である必要があります。これは、不正対策の専門家である公認不正検査士は、「正しい倫理観」と「高度な専門性」を有することが期待されているためです。

「倫理」分野については、それ自体を扱う研修が少ないため、計画的に取得することをお勧めします。(弊協会が提供するオンライン セミナー (Web ラーニング) にも該当するものがございます。ご利用ください。)

 

分野ごとの詳細については、次のページをご覧ください。

継続的専門教育 (CPE) について (資格維持について)

▲ 一覧に戻る ▲

CPE を取得する期間に制限はありますか?

「会員期限更新月の翌月」から「次の会員期限更新月」までが CPE の取得期間です。特別な事情がある場合は、事前の申請により、この期間を 1 か月だけ延長できます。

取得期間内に必要とされる単位数 (20 単位) を超えて CPE を取得した場合は、その分 (剰余分) を 10 単位まで翌年度に繰り越すことができますので、多めに取得しておくことをお勧めします。

なお、CFE 資格認定を受けてから最初に迎える会員期限更新月までは、CPE の取得が免除されます。

 

詳細については、次のページをご覧ください。

継続的専門教育 (CPE) について (資格維持について)

▲ 一覧に戻る ▲

教材・出版物について

▲ 一覧に戻る ▲

不正検査士マニュアルの CD-ROM (PDF) を開きましたが、「以下の項目よりコンテンツを選んでください」の項目を選択してもコンテンツが開きません (リンクが機能しません)。

PDF の表示に Adobe Reader 以外のソフトウェア (Google Chrome PDF Viewer など) を使用すると、リンクが無効になる (機能しなくなる) 場合があります。そのような場合は、次に挙げるいずれかの対処法をお試しください。

[ 端末の設定を変更しても構わない場合 ]
対処法:PDF の表示に Adobe Reader (または Adobe Acrobat) が使用されるように設定を変更してから CD-ROM を開きます。
  1. 端末に Adobe Reader (または Adobe Acrobat) が導入されているか確認します。プログラム メニューやアプリ一覧に「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」ような項目がある場合は、次の手順に進みます。ない場合は「Adobe Reader を入手する」に従い導入します。
  2. PDF ファイルを開くアプリケーションを指定する方法 の案内に従い、PDF ファイルが Adobe Reader (または Adobe Acrobat) で開かれるように設定します。
  3. CD-ROM (PDF) を開き直します。
[ 端末の設定を変更したくないが Adobe Reader (または Adobe Acrobat) で開きたい場合 ]
対処法:Adobe Reader (または Adobe Acrobat) から CD-ROM 内の PDF ファイルを開きます。
  1. 端末に Adobe Reader (または Adobe Acrobat) が導入されているか確認します。プログラム メニューやアプリ一覧に「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」ような項目がある場合は、次の手順に進みます。ない場合は「Adobe Reader を入手する」に従い導入します。
  2. Adobe Reader (または Adobe Acrobat) を開き、[ファイル] - [開く...] から CD-ROM 内の "index_top.pdf" ファイルを開いてください。
[ 現在の PDF 表示ソフトウェアをそのままご利用になりたい場合 ]
対処法:リンク先の PDF ファイルを直接開きます。
  1. CD-ROM を開き、PDF ファイル ("index_secn.pdf"(n はセクション番号) ファイル) を直接開いてください。
    Windows では、CD-ROM ドライブをダブル クリックすると、"index_top.pdf" ファイルが自動的に開かれてしまう場合があります。そのような場合は、CD-ROM ドライブを右クリックして、[開く] を選択してください。
Adobe Reader を入手する

Adobe Reader は、Adobe Acrobat Reader Download などから入手できます。(Android・iOS などをご利用の場合は、それぞれのアプリ ストアで入手してください。)

▲ 一覧に戻る ▲