第 29 回 ACFE 年次総会レポート (2 日目 基調講演 (General Session) 1)

カンファレンス レポート

ジャーナリストが語る「世紀の横領」

Journalist Speaks On Exposing the 'Heist of a Century'

クレア・リューカスル・ブラウン (Clare Rewcastle Brown) は、英国在住だがネバダ州ラスベガスのことも知りすぎるほど知っている。彼女は、プロのポーカー プレーヤーでもエルビス (・プレスリー) の物まねタレントの熱狂的ファンでもない。彼女は、ここ数年間マレーシアの投資家が東南アジア諸国で必要とされているインフラに充てられるはずの資金を利用して開いた贅沢なパーティーについて報道をしてきたのだ。

マレーシアのサラワク (Sarawak) 地方の森林伐採について報道するため、彼女がサラワク・レポートとラジオ・フリー・サラワク (Radio Free Sarawak) を開設したのは 2010 年のことだった。当初の意図は彼女が目にした地域レベルの汚職を明らかにすることだったが、金の流れを辿っていくと、当時のマレーシア首相ナジブ・ラザク (Najib Razak) に行き着いたのだ。第 29 回 ACFE グローバル・カンファレンスの講演で、彼女は自分とラスベガスの関わりについて語った。

 

汚職・収賄事件を調べていくうちに、彼女は 1 マレーシア・ディベロップメント・ブルハド (1Malaysia Development Berhad, 1MDB)、投資のために数十億が集められたと言われるマレーシアの公的ファンドに注目するようになった。しかし開発プロジェクトが実現されることはなかった。同時に、ラスベガスのパーティー旅行では常に、ジョー・ロウ (Jho Low) という名前が聞かれるようになった。ロウは 1MDB と密接な繋がりを持つ投資家で、ナジブの義理の息子リザ (Riza) の親しい友人だった。

「2014 年、すでに反対派の間では〔その金の行方について〕疑惑が広がっていました」とブラウンは語った。彼女はロウがクラブで開催した、贅沢で有名人の集うパーティーに関する報告を公表し、彼がどこでその資金を得ているのか疑問を投げかけた。「彼らが金を使う一方で、私は彼らの嘘を追跡し続けました」

 

彼女はロウの 30 歳の誕生パーティーの見どころについて語った。2012 年 11 月にラスベガスを拠点とする派手なパーティーが開催され、ゲストには俳優のレオナルド・ディカプリオ (Leonardo DiCaprio)、ベニチオ・デル・トロ (Benicio del Toro)、キム・カーダシアン (Kim Kardashian)、ブリトニー・スピアーズ (Britney Spears) 等がいたという。ブラウンによると、ロウはしばしば有名人の友達に贅沢な贈り物や体験を惜しみなく与えた。「〔ロウは、〕ラスベガスでディカプリオと一緒に過ごしてトランプをするのに、一回 50 万ドルを渡していました」とブラウンは語った。

ブラウンはロウの浪費に関する報道を続け、何億もの金が 1MDB からナジブの個人銀行口座に送金されたことを突き止めることができた。その後間もなく、ラジブは彼の顧問弁護士を解任した。その弁護士は、その送金だけでなく他の政府高官についても調査を開始したのだった。「ナジブはどうやって処罰を免れたのでしょうか。答えは過度の権力の集中と透明性の欠如の中にあります。絶対的権力というべき状況でした」

 

2018 年、ナジブは歴史的な選挙で落選した。一つの原因はブラウンが「世紀の横領」と呼んだ出来事を粘り強く報道したことである。「これが報道の力です。我々は流れを変えることができました」と彼女は述べた。さらに彼女は不正の暴露を仕事にするカンファレンスの参加者に対して感謝を述べた。「皆さんとこの汚職に取り組んだ世界中の捜査官は、極めて重要な役割を担っているのです」

 

カンファレンス レポート

過去開催分のレポート