最終更新日:2015-09-25

※重要※ カンファレンス登壇者に関するお知らせ

ACFE JAPANカンファレンスにご参加お申込みを頂きました皆様へ

平素は大変お世話になっております。
また、2015年10月9日開催 第6回 ACFE JAPANカンファレンスに早々にご参加お申込みを頂きまして、誠にありがとうございました。

 本カンファレンスの基調講演者として登壇予定であった、アンドリュー・ファストウ氏とは協議を続け、基調講演をビデオにて上映することに同意を得ることができました。ファストウ氏の基調講演は、会場でのビデオ上映で提供されます。

 

また、ACFE JAPAN事務局では、引き続き代替の講演者の選定を行い、この度、エンロン事件のもう一人の重要人物であるシェロン・ワトキンス(Sherron Watkins)氏を登壇者として招聘する運びとなりました。

ワトキンス氏は、2001年8月、当時エンロン社の最高経営責任者(CEO)であったケン・レイ(Ken Lay)に、同社内の会計不正について告発し、会計不祥事によってエンロンが破綻する可能性がある事を警告した人物です。

● ワトキンス氏のセッション(予定)
アンドリュー・ファストウ氏の基調講演を受けて、セッション2として、告発者の立場から、エンロンで行なわれていた会計取引の「事実」を語っていただきます。(20分)

● さらに、八田進二氏(青山学院大学大学院 会計プロフェッション科 教授)との対談により、巨大企業における会計不正がどのようなものであったか不正事件の当事者、告発者両方の視点を通してその実態に迫ります

参加者の皆様には、会計不正の考察だけでなく、組織レベルの不正対策としてのコーポレート・ガバナンスから、不正を知ったときに個人が取るべき倫理的な行動についても理解を深めていただける内容となります。

新しいプログラムにつきましては以下のURLをご覧ください。

http://www.acfe.jp/events/j_conf/

登壇者・プログラム内容の変更に伴い、ご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます。

皆様のお申込みを心よりお待ち申し上げております。


▲ ページ先頭に戻る ▲

お知らせ

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。