最終更新日:2012-05-31

無料カルテルセミナー 福岡会場受付中! ~大阪セミナーの様子~

 

5月28日に開催した大阪でのカルテルセミナーは、非常に充実した内容となりました。
参加者は、企業の法務部門と監査部門が大半を占め、総務部門、コンプライアンス部門からも参加がありました。
 
ワイヤーハーネス、ベアリング、ランプなどの自動車部品のカルテル事件を中心として、最近では、菓子などに使われる甘味料の「水あめ」や「ブドウ糖」「コーンスターチ」などの食品加工会社によるカルテル疑惑、タクシー会社によるタクシー運賃のカルテル疑惑等、どの業態・業種であっても起こり得ることを示唆しています。
まず日米欧当局によるカルテル摘発の実際、日本、米国、欧州のよる制度や制裁の違いなどについて理解を深めてもらいたいと思います。法務部門を中心として、監査部門、営業部門、経営陣も巻き込んでカルテルへの対応をしていく必要性があります。
 
このセミナーでは、公正取引委員会の方の話をはじめ、4名の専門家がそれぞれの経験や知見に基づいて実践的な講演・パネルディスカッションを行います。ぜひこの機会を活用していただければと思います。
 
■参加者の声(大阪カルテルセミナー)
 
<重要だと思った点について>
・カルテルについて違法性の認識を持つことと、違法性の認識を経営陣を含めて周知徹底を図ること。
・カルテル防止や牽制の為の監査手法や調査について。
・カルテルのリスクはどの企業体や業種にもあり得ること。
・内部監査がモニタリング活動を通じて抑止効果を発揮できること。
・カルテルの調査手法に通じた弁護士確保の必要性。
・社内でのカルテル発覚時の対応の手順や平時からの対策について。
・カルテルなどの違法行為に対する欧米当局の厳しい対応と日本企業の意識の低さ。
 
申込みはこちら
http://www.acfe.jp/sp_seminar/
 
■福岡会場のセミナースケジュール
<講演>
・公正取引委員会官房総務課企画官 小室尚彦 氏
 テーマ:「公正取引委員会における独占禁止法の運用状況及び企業における留意点-カルテル事案を中心に-」
・弁護士法人北浜法律事務所 藪内俊輔 弁護士
 テーマ:「課徴金減免申請の実務の解説」
・弁護士法人北浜法律事務所 生沼寿彦 弁護士
 テーマ:「欧米における競争法違反案件の対応の現状」
・株式会社UBIC 木原 京一氏
 テーマ:「デジタルフォレンジックを活用したカルテル監査の解説」
・弁護士法人北浜法律事務所 木曽裕 弁護士
 テーマ:「具体的なカルテル調査手法の解説」
 
<パネルディスカッション>
司会:弁護士法人北浜法律事務所 木曽裕 弁護士
パネリスト:公正取引委員会近畿中国四国事務所長 寺川祐一 氏
         弁護士法人北浜法律事務所 藪内俊輔 弁護士      
         弁護士法人北浜法律事務所 生沼寿彦 弁護士
         株式会社UBIC 木原 京一氏

▲ ページ先頭に戻る ▲

お知らせ

私たちは、世界的な規模で不正対策に関するトップレベルのトレーニングを提供しています。
また、世界最先端の知識と実践的な問題解決策の提供を通じて、不正対策の専門家の方々が結束して不正防止・早期発見に取組めるよう支援しています。


 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。