本年度 (2018 年度) の法人会員向け勉強会のご案内

こちらより PDF 版の案内をダウンロードいただけます

本年度 (2018 年度) の法人会員向け勉強会は、下記の日程・内容にて開催いたします。

CFE (公認不正検査士) や不正検査に携わる方はもちろん、テーマに関連する業務に携わる方やテーマにご興味のある方にも、ご案内・お誘い合わせのうえ、ご参加いただけますと幸いです。

テーマ・概要・受講者像・講師

テーマ 不正検査におけるコンピュータ利用監査技法 (CAATs) の活用
概 要

近年の事件・不祥事を受けて、監査や検査に対する期待や要求はますます高まっています。しかしながら人員や時間には制限があり、より効率的で実効性のある監査・検査が求められています。

本勉強会では、その実現の一助となる「コンピュータ利用監査技法 (CAATs)」を取り上げ、CAATs を不正検査で活用するために必要な知識・考え方と、その活用事例を解説いたします。

備 考
  • 本勉強会では、いわゆる CAAT ツール (コンピュータ ソフトウェア) の操作方法は解説しません。コンピュータ利用監査を導入・活用するための知識・考え方・方法について解説します。
受講者像
  • 不正検査に携わる方 (特に、不正検査を企画・計画・主導する方)
  • IT 部門・IT 技術者の方 (特にデータの集計や分析を行う方)
  • コンピュータ利用監査技法 (CAATs) に興味をお持ちの方
  • より効率的で実効性のある監査・検査を実現したいとお考えの方
講 師
  • 弓塲 啓司
    一般社団法人国際コンピュータ利用監査教育協会 (ICAEA JAPAN) 代表理事
    公認会計士、国際認定 CAATs 技術者 (ICCP)
  • 後藤 聡
    一般社団法人国際コンピュータ利用監査教育協会 (ICAEA JAPAN) シニアマネージャー
    国際認定 CAATs 技術者 (ICCP)、公認情報システム監査人 (CISA)

日時・会場・内容

第1回 7/19(木) 14:00-16:00
連合会館 404 会議室
コンピュータ利用監査技法 (CAATs) の概要と有用性
第2回 9/4(火) 14:00-16:00
連合会館 502 会議室
不正・誤謬の発見に有効な監査証拠の入手方法 (精査と特定項目抽出による試査) と仕訳テスト
第3回 11/20(火) 14:00-16:00
連合会館 401 会議室
不正事案における CAATs の活用方法 (活用事例) 1 [予定]
第4回 2/19(火) or 26(火)
いずれかを予定
不正事案における CAATs の活用方法 (活用事例) 2 [予定]

会場について

連合会館
〒101-0062
 東京都千代田区 神田駿河台 3-2-11
http://rengokaikan.jp/access/

東京メトロ 新御茶ノ水駅 B3 出口横 (徒歩 0 分)
JR 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩 5 分

※ 備考 ※

  • 日時・会場・内容は変更する場合がございます。お申込み受付開始時 (各回の 1 か月前ごろを予定) の案内をご確認ください。
  • お申込みの状況にあわせて会場を変更する場合がございます。当日は会場の案内をご確認ください。
  • いずれの回も、ご参加になられた方には CPE 2 単位 (不正検査) を認定します。

参加条件・そのほか

参加条件 ACFE JAPAN 法人会員のご所属員であること。(CFE 資格の有無は問いません。)
プレミアム法人会員の企業様は、5 名様まで。
エントリー法人会員の企業様は、3 名様まで。
ご所属の企業の「ACFE JAPAN 法人会員ご担当者様」を通じてお申込みください。
そのほか 本勉強会は、一般社団法人 国際コンピュータ利用監査教育協会 (ICAEA JAPAN) のご提供により開催いたします。
一般社団法人 国際コンピュータ利用監査教育協会 (ICAEA JAPAN)
https://www.icaeajp.or.jp/
以 上
トップ ページに戻る