研究会とは

 

ACFE会員相互の交流・啓発の機会を拡充することを目的として、CFE3名を発起人とする研究会を開設・運営することができます。

詳細は下記の研究会運営規程をご覧ください。

この研究会では出席者に規程にもとづき年間最大10単位のCPE(会議単位)が付与されます。

CPEについては→こちら

 

「研究会申請書」(様式1) ZIP形式
「研究会出席者リスト兼議事録」(様式2) ZIP形式
「研究会CPE報告書」(様式3) ZIP形式


 


 

 

ACFE JAPAN研究会運営規程

  1.  研究会運営の趣旨

CFEを中心とするACFE会員相互の啓発の機会を拡充する。
 
  1.  研究会組成の要件

  • CFE3名が発起人となる
  •  「研究会設置申請書」(様式1)を協会事務局に提出し、承認を受ける

a. 研究会名
b. 研究テーマ(CFEの専門知識・スキルの向上に資する内容とする。)
c. 発起人名(氏名、会員番号)

 

  1.  運営のルール

  •  幹事2名以内を選出する
  • メンバーは原則としてACFE個人会員もしくは法人会員の役職員とする
  • 活動期間は1年以内の任意とし、最低3回以上会合をもつ
  • 活動期間終了後1ヶ月以内に、「研究会出席者リスト兼議事録」(様式2)により以下の資料を事務局に提出する

a. 各会合の開催通知(Eメールによる通知のコピーでも可)
b. 各会合への出席者(自署による)
c. 各会合の議事録
d. 各会合における配布資料一式

  • 研究会はメンバーの自主運営とし、運営に際して諸経費が発生する場合は、メンバーの合意のもと必要に応じて自己負担とする
  • 研究会として収益をあげてはならない。また、メンバーから上記運営実費以外の金銭(年会費等)を集めてはならない
 
  1.  CFEの継続的専門教育(CPE)単位の認定

  上記2,3に準拠した研究会会合への出席者には、ACFEが定める「CPEに関する規程」にもとづいてCPE単位(会議単位)を付与する。(※年間10単位が上限となる。)
   
   <参考>
   CPEに関する規程(抜粋)
   Ⅱ.CPE単位の取得方法
   2.CPE単位の種類
   会議単位(上限:CPE10単位/年)
  一定の要件を満たす会議への出席時間は、年間CPE10単位を上限に申請できる。
 
「一定の要件」とは、
  • 正式な議長・発言者(speaker)が設けられているか、
  • 公認不正検査士の能力向上に直接関連しているか

のいずれかをいう。会議単位1単位を申請するには、最低50分間の会議が必要となる。昼食、休憩、懇親会、準備、商談などの時間は除外される。 

 
以上