会員の職業別分類

CFEは多くの業種の様々な部署において活躍しています。 CFEは状況に応じて、巧妙に細工された会計不正を解明する会計士、不正取引を秘密裏に調査する捜査官、懲戒処分や訴訟対応をする弁護士、不正を犯す者の心理を洞察する犯罪学者の素養を発揮しながら、不正の未然防止、早期発見、調査、再発防止に貢献します。

 

CFEの所属部署例(日本)
経営監査部 品質管理部
会計監査部

総務部

IT監査部 財務部
品質・安全監査部 経理部
経営企画管理部 検査部
金融サービス部 調査部
リスクマネジメント部 フォレンジックサービス部
コンプライアンス部 内部統制アドバイザリー部
人材教育部  

 

CFEの職業、保有資格例(日本)
システムセキュリティ監査人 弁護士
内部統制アドバイザー

税理士

財務経理マネージャー 公認会計士
監査コンサルタント 行政書士
企業リスクコンサルタント 内部監査士
経営コンサルタント 警察官
コンプライアンス・オフィサー セキュリティ・オフィサー

 

uid000001_200904271449570ef0338f.jpg

 

 

CFE保有率の高い企業、組織(米国)
サービス 会計事務所、経営コンサルタント
金融

金融機関、保険代理店

政府 連邦政府、州政府、地方自治体

 

 

提供サービスの例(米国)
記録の精査 損害額の算出
容疑者へのインタビュー

財務諸表分析、レビュー

報告書の作成 コンピュータ・フォレンジクス
調査結果の提示 企業調査
法廷での証言 事業評価
従業員窃盗の調査 リスク評価
経歴調査

利益相反調査

データ復元 訴訟支援
保険金請求の調査 隠し資産の発見